オルタナティブ・ブログ > 鈴木貞弘の“Salesforceの匠に聞け!” >

いまさら聞きニクいクラウドCRMあるある

番外編 日本上陸間近。カールスジュニア(Carl's Jr)を本場で食す!

»

皆さんこんにちは。本日は番外編としてライフワークであるグルメネタをお届けします。
実は、プライベートでは毎月29日に「肉の会」と称した肉の美食会を開いています。
そのためか、社内では "ニクメン" と呼ばれてたり呼ばれてなかったり??

さて、私は今、毎年この時期に行われているSalesforce社主催の世界最大級イベント "Dreamforce'15" に参加するためにサンフランシスコに来ています。
イベントの状況はオルタナティブブログでもお届けしますが、今日はせっかくなので現地のグルメリポートをしてみたいと思います。

アメリカのソウルフード

アメリカのことをよく知っているわけではないのですが、アメリカでの食事と言えば、

・ハンバーガー

・ステーキ

・ホットドッグ

が私の中でのイメージとなっています。

昨年もこのDreamforceには参加したのですが、渡米直前に左足を骨折してしまい、行動範囲に制約を受けた関係上、ライフワークである食べ歩きがほとんどできませんでした。
というわけで、今回の参加では思う存分食べ歩きたいと思います。

アメリカ発ハンバーガーチェーン

アメリカから日本に進出したハンバーガーチェーン店といえば、マクドナルド、バーガーキング、ウェンディーズなどがありますが、ハンバーガーの本場アメリカにはこれ以外にも多様なハンバーガーショップがあります。

サンフランシスコにも「Super Duper Burgers」といった有名チェーンや素材にこだわった高級志向のハンバーガーショップがいくつもありますが、今回私が食すのは、今年(2015年)秋に東京の京橋に1号店をオープンするカールスジュニア(Carl's Jr)のハンバーガーです。

日本上陸前に一足先に味わってみます!

本場のCarl's Jrに行ってみた

サンフランシスコのCarl's Jrは、私の本来の参加目的であるイベント会場(Moscone Center)の近くにあります。

初日の午前中のセッションが終わり、午後のセミナーまで時間があるので食べに行ってみました。

Appearance.jpg

店内はすっきりとしていて、メニューも見やすく掲示されています。

Introspection.jpg

予想以上のおいしさ

数あるメニューの中から今回私は「Original All-Natural Burger」をチョイスしました。

価格はポテトとドリンク(飲み放題)のセットで約13ドルとなっています。

注文してから作り始めるらしく、番号札を渡されて5分ほど待っていると呼ばれました。

Burger.jpg

日本ではあまりファーストフードを利用しないので比較が難しいのですが、見た目は日本のそれよりもおいしそうに見えます。

形も崩れておらず、私の大好きなピクルスを筆頭に野菜も多めに入っています。

食べた感想としては、メインとなる肉はかなりジューシーで、口に入れたと同時に、じゅわっと肉汁が口のなかに広がります。
そしてこの肉汁がすごい。日本だとどうしてもしつこくなりがちですが、それがまったくないにもかかわらず、肉の旨みが凝縮されています!
そして、フレッシュな野菜との相性が抜群で、味が重層的に感じられるのがさすが本場のハンバーガーという印象です

食べる前までは「アメリカのファーストフードは大味かな?」と思っていましたが、ソースもほどよい量でしつこくなく、あっという間に完食することができました。

日本上陸が待ち遠しい

正直、アメリカのファーストフードがここまでおいしいとは思いませんでした。

そして量はさすがにボリュームがあり、ポテトとドリンクのセットで満腹になります。

質も量も満足のできるCarl's Jrのハンバーガー。日本に上陸した際には、また食べに行きたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する