オルタナティブ・ブログ > 小池良次の米国情報通信ブログ >

米国の通信業界を主体に、最新ITトレンドを追う

On Vox: 100Gbpsが射程に入った光通信で、IPは重荷になっているのか

»

今週は、サンディエゴで開催されている「OFCNFOEC」と言う光ファイバー通信関連の会議に来ています。

基調講演では、コピーライトの改革活動で有名なLawrence Lessig教授(スタンフォード・ロースクール)が登場して、興味深い話をしました。とはいえ、この会議の中心は光通信です。

米国の状況ですが、2000年から供給過多といわれていた光ファイバー網(主に幹線網)は、2007年にリバウンド(供給不足)し、以後、通信キャパシティーの逼迫が続いています。

今回の会議でも、光通信網の伝送量拡大が大きなテーマです。長距離幹線網では、今年から来年にかけて10Gbpsから40Gbpsへの移行に拍車が掛かる一方、100Gbpsの到来も間近に感じられるようになってきました。ベライゾン・コミュニケーションズの関係者は40Gbpsを飛び越えて、一気に 100Gbpsへとジャンプすることを狙っています。

一方、テクニカル・コンファレンスでは、いよいよ1Tbs(1,000Gbps)伝送に関する議論が本格化しています。関係者の話によれば、早ければ2015年前後に長距離幹線網は1Tbps時代に突入しそうです。

こうして物理的なネットワークは光ファイバーや光スイッチなどによってドンドン高速化が進んでゆきますが、その上に載っているIP網はどうでしょうか。つまりルータの高速化やその経路制御方法などが、どうも重荷になっているように見えてきます。

インターネット(IP)という通信手段は、通信網を簡素化することで一気に普及してきました。その担い手はルータだったわけですが、逆に、すべての通信がIPに流れ込もうとする現在、「IPという簡素化が足かせになっている」ようにも見えてきます。

蛇足ですが、上位レイヤーで大騒ぎになっているクラウド・コンピューティングやSaaS/PaaSのトピックはまったく話題になりません。綺麗さっぱり忘れられています。まあ、そうしたアプリケーション系パケットは、比重として少ないので設備屋としては考慮すべき段階ではないと言うことでしょう。光通信にとって、クラウドは遠い異国の出来事のようです。

小池良次(www.ryojikoike.com)

Originally posted on ryojikoike.vox.com

Comment(3)

コメント

日本ではNGNお祭り騒ぎで大変なことになっているのですが、随分違いますね。映像配信はCATVと分かれているからなのでしょうか?
Huluなどは通信キャリアから見れば関係ないやということなのでしょうか?

R. Koike

ITフロンティアさん


コメントありがとうございます。


Huluも、米国ではまずまずの人気のようですが、映像系ではなんと言ってもYouTubeですね。いよいよHD対応にも乗り出し、トラフィック・メーカーの代表です。

あと、米国のトラフィックでは、ビットトレントなどのP2Pが凄いです。P2P業界団体DCIAの話なので、どこまで正しいかわかりませんが、米国トラフィックの6割ぐらいはP2Pだそうです。ま、これはヘビーユーザーだけに集中している傾向ですけど。


米国のキャリアが本当に恐れているのは、オンライン・ビデオのHD化です。コンテンツ・デリバリー・ネットワーク大手のアカマイは、今後5年で北米トラフィック(1日の平均)は1500倍になって、1Gbpsを超えると予想しています。


小池

やはり、オンライン・ビデオのHD化とアカマイの動きに注目ですか・・
最近、日本のテレビ局はみんなHuluに乗り遅れんなと言わんばかりにHulu詣でになっています。日本ではYouTubeは広告が付きそうにないから嫌だという姿勢です。NHKはアクトビラで凝り固まっています。
どうもアンチNTTのNGNみたいな雰囲気があります。
米国とは不思議な温度差がありますね。
ようやく、日本のテレビ局も日テレなんかがニュース検索のAPIを公開したりブログパーツを配り始めたりしてオープンな世界に少しだけ顔を出してきています。広告収入が激減する中で脅迫観念に駆られているところもありますが・・・
最近、日本のオープンソース化の動きについて、以下のエントリーで少し整理してみました。ご参考まで。
http://d.hatena.ne.jp/murakyut/20090328

コメントを投稿する