オルタナティブ・ブログ > 日本のITは世界を制す!? >

プロダクトマネジメントとイノベーション

広告モデルはカネを産むか?

»

また広告モデルかよ・・・・最近のSNS、ブログなどの情報発信型コミュニティはほとんどが広告スペース販売や商品広報などのマーコム系ビジネスを獲物にしていますね。99年前後のネットバブルのときも猫も杓子も広告モデルを志向していて急降下してしまいましたが、今回の「第二次広告モデル」ともいうべき動きはどうなるのでしょうか。

確かにYahoo、Googleなどが先行する最近のネット広告市場は1兆円規模とも言われていて、巨大なカネのなる木を予感させます。

そして、総務省の統計によれば、働きバチだった日本人の勤務時間はめでたく短縮しつつあり、1日における余暇時間が増えているようです。電車の中では読書より携帯電話によるネットサーフィンやiPodを好む人が増えているようなので、テレビはもちろん、SNSやブログ、あるいは、動画配信のビュー数が増え、広告モデルを展開する企業にとっては大いなる追い風が吹いているように思います。

しかし、個人的には今回の広告モデル騒動は前回のネットバブル期に比べて少し違和感があります。というのも、ブログやSNSというのは情報を発信しようとする人が主役として存在し、それを閲覧する観客がいて成立する場です。情報を発信しようとしている人にとって広告は邪魔でしかありません。また、閲覧している人も何かを探しているわけではなく、発信情報を懸命に読んでいるわけで、広告の付け入るスキがあるのか疑問です。

それよりも、ブログやSNSなどの浸透によって「1億総発信」時代になったわけですから、この発信情報をもっと有効に「活用するモデル」はないのでしょうか。

10005883677 広告は企業から消費者へ一方通行で発信されますが、「活用モデル」では企業が皆さんの情報を知恵としてモノに変換したり、サービスに変換してくれるわけです。マーコムよりさらに上流のプロダクトマネジメントにおいて、「クリックした人に10円あげる」など逆転の発想で良いネタを喋ってもらうモデルが21世紀には似合いそうです。

Comment(8)

コメント

その昔に「投げ銭システム」なんてのもネットで試されましたが、やはり難しかったようですね。既存のメディアである新聞も雑誌もTVも結局は広告モデルで食べている現状を考えると、広告モデルを超えるためにはもう少し時間がかかりそうな気がします。
でも、それを考えついたら儲かりそうですねぇ

yoshikawaさん
たしかに本当に金銭をばら撒くと大変でしょうね。私だったら冷やかしでクリックしまくりますね。企業の広告費用は回りまわって消費者が負担していますから、そんな無駄なカネの回し方をせず、最初から消費者が欲しいものを一緒に作れば良いではないか、という分野も出てくるでしょう。

web2.0懐疑派の主張のひとつに、「1.0か2.0か知らんけど、どのみち広告モデルでしょ?」というのがありますね。1.0か2.0かとかメディアかSNSかなど問わず行きつく先は広告モデルというのは、ある面で現実で、ある意味限界かもしれません。確かにブレイクスルーはこれを乗り越えたときに起こるのだと思います。誰が何でこれを突破するのか・・・。自分がその”誰”になるつもりでいたいと思います。
(^_^.)

「ネットでのビジネスモデルは基本的には、サービスモデルや情報内容が変革しただけで、リアルの世界と本質的なビジネスモデルはなんら変わっていない」という事実が案外盲点になっていると思います。結局、お金をどこから稼ぐかということでは、ネットでもリアルでもそんなに選択肢は無いということですね。皆さんおっしゃられているように、ビジネス・モデルのブレークスルーができれば状況は変わると思いますが…

磯島さん、つるたさん、
ネット系の広告モデルも実はリアル世界の広告モデルがネットにシフトしていて、テレビ見てる時間が減ってSNSに浸っている時間が増えているがために引き起こされているとも言えますね。「ブレークスルー」は大別すると、全く新しい事をやるか、リアル世界のコトをネットで別の方法でやるという2種類に分かれるのかも。

Web2.0というとその収益モデルは『広告』になってしまっており、正直このビジネスモデルがいつまで続くのか?部分を多々感じております。

>Ruchidaさん
最近ですがリアル世界のコトをネットで別の方で行う動き(特にECやコンテンツ販売と絡ませる動き)や全く新しい動きがでている(例えばSNSをマーケティング/プロモーションツールとして活用)などの動きが出てきているような気がします。
【参考】
http://blogs.itmedia.co.jp/akilat/2006/09/sns_5ca3.html

田中さん、
Good ideaですね。私もSNSはまさに「企業とユーザが情報を共有する場」に変質してゆくだろうと思います。広告モデルを展開するSNSの宿命としてビュー数を増やす=ユーザ数を増やすことが避けられず、それは今のSNSの特性をどんどん失わせてしまいますね。

ブロガー(志望)

お邪魔します。
 かつてアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズ
の終わり方に関して漫画家のあさりよしとおが「垂れ流
しに責任を求めるのはお門違い」といった事を言ってい
ました。広告モデルとは「垂れ流しモデル」ではないで
しょうか。
 それと「誰が猫の首に鈴を付けるか」という問題があ
りますが、「気が付かないように鈴を付ける」というの
が広告モデル(商品価格に転嫁されている事に気付き難
い)であり、「理性と感情及び本能の間(頭では分
かっても実感し難い)」の存在ではないかと思います。
「理性と感情及び本能の間を"補完する"努力」によって
広告モデルも成立し難くなるのでは(いっそ"間接
税"として受け入れさせる?)。

コメントを投稿する