オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

macOS Catalina 10.15.1とiOS 13.2

»

macOSとiOSが先週に更新されました。

macOS Catalina 10.15.1は、入れた直後からInternetアクセスが異常に遅い。全くつながらないわけではありませんが、とにかく遅い。iPhoneは大丈夫なので、Mac側の問題なのは明らか。Intego NetBarrierの問題でした。翌日に更新し、解決。Integoがこのような問題を起こすのは珍しい。

さて、先日macOSの問題として報告した件のうち、直っていたのは以下。

iOS 13の写真で編集で自動調整した内容(パラメーター)がmacOSの写真で見えない
→iOSの不具合だったようで、先にiOS 13.2に更新した時点で、これ以降にiOSで自動調整した内容はmacOSにも反映されるようになりました。

CatalinaでもiOS 13でも写真をHEICを自動調整すると、なぜかCatalinaで情報を見るとJPEG
→直った

いくつかのフォルダのアイコンが白いファイルになっている
→直った

妻のMacBook Proにも10.15.1を入れましたが、どうでしょうか。

次にiOS 13.2について。Deep Fusionの効果はよくわかりません。更新前後で同じように撮った夜景で、少しよくなっているような...
再び古いD5000と比較してみました。最初がD5000、次がiPhone 11 Proで、前回と同じくiPhoneの方が美しく見え、コントラストがありますが、写真を拡大すると細かい描写はD5000で、iPhoneの方はノイズが見えます。載せているのは縮小版なので、そこまではわかりませんが。色合い(色温度?)はかなり違います。
白銀展望駐車場 - D5000 白銀展望駐車場 - iPhone 11 Pro

多数クレームが上がっている、バックグラウンドで動作しているアプリが終了させられてしまう問題。僕が気付いたのは、自分の位置を記録するアプリが全く記録していないこと。他の似たような機能で機能しているアプリもあるので、何が差異なのか? 僕の経験範囲では、カメラアプリを動かした時に、裏のアプリが終わっていることが多いようでした。今まで偶然アプリが動いていただけなのか、OSの問題なのかわかりませんが、早く修正してほしい。

iOS 13.2に更新した後、iPhone 11 ProからiCloud Driveのファイルにアクセスできなくなりました。当初はファイルは見えるのに開くとエラーでしたが、数日後にiCloud DriveをOFF、ONしたら、ファイルは全く表示されなくなりました。しばらくしたら使えるようになりましたが、不可解な動作です。

macOSの方も以前に指摘した問題はまだ残っていますし、修正を待ってます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する