オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

電動スクーターは慎重に

»

日本では電動スクーターは原動機付自転車と見なされ、運転免許が必要なだけでなく、保安基準への適合、税金納付、ヘルメット着用など、数々の義務があります。
いわゆる「電動キックボード」及び「電動スクーター」について(警察庁)
20km/hも出るのだから、法規制とは関係なく、ヘルメット、グローブ、プロテクターなどを装着すべきでしょう。さらに、同じ低速の原動機付自転車のスクーターに比較し、車輪は小さく立って乗るので安定性が低いはず。とても気軽に軽装で乗るものとは思えません。

先に広まっている海外では事故が課題になりつつあるようです。
現状の電動スクーターは事故が多い...Consumer Reports誌の調査より
また、日本の道路事情だと、歩道を走るのは法規を無視しても非現実的だし、車道を走るのは本人が恐ろしいだけでなく、車も怖いでしょう。

実際に法律に適合した製品の販売の計画もあるそうで、先週に記事が出ていました。
公道を走れる原付扱いの電動キックボードが登場 時速20キロのスピード感
ただ、この会社のページ含めて、まだ価格はおろか、大きさ、重さや航続距離等のスペックが出ていません。さらにメンテナンスも重要です。

有効な使い方があるのは間違いないと思いますが、安直に広めると、かえって法規制が強まるだけでしょう。数々の規制を受けてきたバイク乗りとして思いました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する