オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

本当に東京オリンピックは迷惑→やるからには効果的に対策してね

»

東京オリンピックは僕には迷惑でしかないので、以前から批判的なのですが、今度はこれです。
東京2020大会時の交通マネジメントと2019年夏の試行(輸送テスト)について
本番はなんとなくわかっていましたが、今回は「2019年夏の試行」。説明を読んでも何か傲慢な印象を受けます。具体的には7月24日と26日に高速で都心へ、環七から都心へ、それぞれ流入する車を制限するそうで、僕は26日の高速で影響を受けます。不満に思うのは以下の点。

  • どんな権限で行うのか不明。震災等の緊急事態でもないのに
    法律があるのかもしれないが、調べる気がしないので調べていない
  • 上記Webに書かれている内容や事前告知ポスターが非常に分かりづらい
    告知になっていない。オリンピック・ルートネッワークとは何? 試行で自分に関係するのかしないのかわからず、これを書くために調べて(下記)やっとわかった
  • 事前告知が少なすぎる
    僕が知ったのは先週に高速でたまたま。事前に同じルートを走らなかったら知らなかったはず。今週知らずに巻き込まれる人がたくさん出るのでは?

こんなことならば、東京オリンピックには消極的反対ではなく、積極的反対をすべきだったと思います。その時に手段があったかと言うと無理ですが、後からどんどん出てくるマイナス情報が先に公開されていれば、かなりの人が反対したと推測します。

首都高速に関しては、大会期間中は値段を上げると言う噂も聞きます。制限や価格上げやお願いだけでなく、通って欲しい区間は値段を下げるとかタダにするとか、導く方向の施策をしてほしい。既に首都高ではETCで実現しているのだから、容易なはず。

招致時にはコンパクトをアピールしていたと記憶していますが、関係者輸送ルート (オリンピック・ルート・ネットワーク) 【素案】によると、全然コンパクトではなく、基本的な設計を失敗したとしか思えません。とは言え、もはややらねばならないオリンピック。観光客が多数訪れる京都や鎌倉のようなエリアにお住いの方々の大変さに比較すれば、期間限定に過ぎず協力したいので、もっと効果的な施策を出してほしい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する