オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Appleは素晴らしいが、単純に他社より優れているとは言うのは乱暴

»

以下の記事を読んで思ったこと。
Appleのどこまでも本気な環境への取り組み

確かにAppleの取り組みは素晴らしいし、今後も継続すべきと思いますが、それをできるだけの高い利益を得ていることが背景にあります。しかし、彼らの製品は他社より高く、ここ数年はさらに高くなっています。つまり、Appleの環境への取り組みは素晴らしいですが、彼らが提供すべき製品は高すぎて多くの人には手が届かず、他社の努力によって幅広く購入可能になっていると言えます。

そのような状況で、安易にAppleを持ち上げることは危険です。どうやったら、多くの人々に製品が届いて、同時に環境保護にも取り組めるのか考えるべきでしょう。単純に褒めているだけでは、Appleのためにもなりません。

Appleがこのまま独善的な道を進むのではなく、Appleの古いスローガンの一部、"for the rest of us"を名実ととにも実現することを期待します。長年のAppleファンとして。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する