オルタナティブ・ブログ > 路の上で >

日頃考えていることをぽちぽち書きます。

MacBook Proを再び修理に出した話

»

MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)に不調が再発し、再修理に出しました。
再発したのは前回に報告した事象の一つ、「稀に起動直後に画面が暗くなり、キー等にも反応しない」です。正確には「バッテリーのみで起動して少しすると画面が暗くなり、キー等にも反応しなくなる。ACアダプターを接続すると画面がつくがバッテリーが空と表示された後に普通に動作し、バッテリー残量は十分に(7割とか)ある。発生頻度は稀」です。3月最終週に2回発生してしまいました。前回は有償でメインボードを交換していますから、調べてもらいました。

しかし、Appleでは再現しませんでした。最初の再現テスト後の電話でお願いして、動作保証温度の下限に近いところでの再現テストを追加で実施してもらいましたが、再現せず。念のためと、メインボードは交換されましたが、不安は残ります。

今回は宅配便での回収と配送ををお願いしました。出してから受け取るまで、ちょうど一週間。その間は前回と同じく、iPhoneで代用しました。

MacBook Proは、Appleサポートの指示に従い、修理に出す前にiTunesとiCloudをサインアウトしました。前回受け取り後に変な現象が出たこともそれをした理由の一つです。一方で、戻ってきたMacBook Proで再度iCloudに接続することになり、4万枚ほどの写真の同期に2日ほどかかってしまいました。この後、似たことをiPhoneで繰り返してしまうのですが、この件は後日。

Appleサポートからは、macOSの再インストールを薦められました。Mac起動時にCommand + R押下後しばらくして表示されるメニューでOSの再インストールを選ぶだけで簡単です。実施しましたが、効果はあるでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する