オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

日本語と英語のイントネーション

»

「黒い目のかわいい女の子」という文、区切り方とイントネーションでさまざまな意味を持てるようです。

    目が黒く、顔がかわいい、少女
    黒い目がかわいい(顔はわからない)少女
    肌が黒く、目がかわいい少女
    肌が黒く、目がかわいい女が生んだ子供
    目が黒く、顔がかわいい女が生んだ子供
    黒い目がかわいい(顔はわからない)女が生んだ子供

上記の説明は、NHK放送文化研究所のサイトから引用したものです。

日本人の皆様は、日常生活でイントネーション(抑揚)を実に上手に使い分けているそうです。

実際、世界中のほとんどの言語は、日本語と同じようにイントネーションを場面に応じて変えるのです。もちろん、それぞれの言語の特徴もあります。

英語のイントネーションを分かりやすく解説する本があります。

この本では、イントネーションを3T(Tone, Tonality, Tonicity)に分けて、イントネーションの仕組みや意味を詳しく解説しています。付属のCDを聞いて英語イントネーションをマスターすることをお勧めしますが、iPhoneやiPod Touchをお持ちなら、英語Toneをいろんなパターンで聞き流せるアプリ(English Tone Player)を使ってみてください。

Downloadontheappstore_2(無料、無広告)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する