オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

中国発WeChat、ボイスチャットのお薦め

»

家内が使っているのを見て、それ何?と聞いたら、「微信」だという。Skype、Twitterを使い始めて以来、コミュニケーションツールをみて目が光ったのは久しぶり。

「微信」は中国語での名称で、あの「QQ」メッセンジャーで有名なテンセント社が開発したもの。グローバル展開を睨んで、英語名称をWeixinからWeChatに変更したという。

私がすぐ使い始めたのは、ボイスチャット機能。今までチャットといえば、テキストでしたが、タイピングできない時、タイピング面倒と思うとき、ボイスチャットがぴったり。

WeChatには、ボイスチャット以外にも、目新しい機能がたくさんある。紹介記事を書いてみようかと思ったが、ネットで検索してみたら、すでにTechWaveに何回も紹介されている。興味がある方は、下記の記事をお読みください。各種スマホ、日本語にも対応しているので、使ってみることもお薦めします。

ユーザー1億人の中国Weixinが大幅バージョンアップ グローバル版を「WeChat」に改名しFacebookの次を狙う【湯川】
LINE世界展開の前に立ちはだかる中国WeChatの実態【湯川】
スマホ振るだけでウェブ画像取り込み WeChatに新機能 ライバルLINEとの戦略の違い鮮明に【湯川】

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する