オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【ずっと見ちゃうわコレ】YouTubeのApple公式サイトはやっぱ最高のネタ集な件

»

いわゆる「ソーシャルメディア」を使わないIT企業の筆頭格といえば、ご存知アップル社なわけですが、そんな彼らもYouTubeには公式チャンネルを持っているんですよね。

ただ、コメントも解放していないし、交流は求めていない。そういう意味では「ソーシャルメディア」ではなく、「マスメディア」としてYouTubeを捉えているようです。
しかしながら、こうしてコンテンツの共有は認めている。人にはどんどんバイラルさせるというところが、頭いいよなーと思いつつ、そのコンテンツのクオリティの高さに、ついついシェアしてしまうわけです。

例えばこれなんか、200回は観てますもんね。この30秒の濃さはビートルズファンにとって、「よくぞここまでうまいこと料理してくれました。」的な喜びがあります。というか、ビートルズの楽曲をこうして堂々とシェアできるというだけでも、うれしいわけです。


うちのこどもなんて、いつも親が観てるもので、この「マジカルミステリーツアー」がビートルズの代表曲と思い込んでますからねw。



動くビートルズ。これもありがたい。

いや、ビートルズは置いといてw、この公式チャンネルのいいのは、日本で放映されていないテレビCMが観られるところかなと思うのですが、すごいのは、英語が苦手なわたくしのような人間が見ても、「何のコマーシャルしているか、どんな機能の説明しているか、そしてそれがあるとどんなに役に立つか」、完全に理解できる点です。

やっぱここが圧倒的にすごい。

自分は小さな小さな通販会社の従業員ですので、学ぶとしたらここなんですね。
もちろんあんなカッコイイ動画は作れませんけども、画像や映像をなるたけ駆使して、「何のコマーシャルしているか、どんな機能の説明しているか、そしてそれがあるとどんなに役に立つか」、どんな人にもちゃんと伝わる広告宣伝をしていかねばなと、たまには真面目に考えたりするわけです。

いやー、本当にインスピレーションの宝庫ですね。
見ないと損。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する