オルタナティブ・ブログ > 普通のおじさんとソーシャルメディア。 >

小さな会社のウェブマスターがパーソナルブランディングについてごにょります。

【まずは日本をもっと知ってもらおう】Pinterestのボード共有機能を使って世界に発信!

»

以前、Pinterestのガイドサイトがスタートした件を書かせていただきましたが、その中でまた新しい動きが出てまいりましたのでご報告というかご案内というか。

このサイト、案内役のブロガーさんはオルタナブログと同じく公募なのですが、数もずいぶん増えて、賑やかになってきました。でもって、いろんな打ち合わせや連絡事項の共有、情報交換などはフェイスブックの秘密グループで行っています。

先日、そこで「一日あたりのアクセス数新記録の記事」についての管理者さんの投稿がありまして、それがこの記事だったんですね。日本の美しいところ、もっと世界の人に見てもらおうよと。いいことだと思います。

震災後、日本人は今後の生き方について、今までなかったくらい考えるようになったはずですし、間違いなく日本という国自体もこれまでと違う方向へ舵をきる必要性が出てきたんじゃないか?多くの人がそう考えているはずです。

下山の思想 (幻冬舎新書)
下山の思想 (幻冬舎新書)

最近、こんな本を読んでいることもあって、以前のようなイケイケドンドンの「経済大国」をもう一度目指すのではなく、地味でも地に足の着いた、世界から尊敬される「大人な国家」を目指すべきだとわたくしは考えているのですが、例えばそこで自分に何ができるか、心の底にいつもこの点が引っかかっていたんですね。

そんな時に、そのグループでの投稿を見て、思わず「あ、美しい日本を海外にもアピールするボード、みんなで共有するっていかがっしょ。」とコメントしてしまったのです。反射的でした。

この一年、世界の人々が目にする日本についての画像、映像は、圧倒的に地震のこと、原発のことだったと思います。このままでは、かつての(いや、今でもかも)チェルノブイリがそうであったように、日本のイメージは暗雲低迷としたものとなってしまいます。

もちろん、それも真実だし、隠してはならないことだと思います。今後何年経ったら放射能の心配をしなくて済むようになるのか、被災地がしっかり立ち直れるのか、まったくわかりませんし。

でも、「実はこういう一面もあるんだよ。」ということは、どんどん見てもらいたい。日本のことをもっと知って欲しい。世界の人たち、きっと日本は変わるから、よかったら遊びに来ない?って思ったんですね。

しかし、今までは言葉の壁などがあって、個人でブログを立ち上げて日本をアピール!なんていっても、「ちょっと無理」だった。
それが今では、このPinterestという、言葉、国の壁を軽々と越えてしまう画像共有プラットフォームがあるではないですか。ホント自分でも知らないうちに、海外の人と画像を介した交流をしています。

これは使わない手はない!

思い立ったが吉日ということで、「AllAboutJapan」というアカウントを作成して、そのボードをガイドのお仲間と共有設定することにより、「まずは写真で日本を知ってもらおうぜ」というプロジェクトがスタートしました。

120228japan

>>AllAboutJapan

ボードの共有は簡単に設定できます。

120228japan2

ボードのEditから、「Me+Contributors」を選択すると、名前を選ぶようになります。フォローし合っている人のアカウントネームの最初から数文字を入れると、候補がズラリと並びます。そこから選んで「Add」するだけです。

そうすることで、共有設定したボードが、その人個人のボード群の中にも出現します。

さて、ガイド仲間の皆さんがたくさん賛同してくださってスタートした「AllAboutJapan」ですが、どんな展開をしていきますやら。固執せず、フレキシブルに考えながら、文字通り「しなやか」に日本のことを発信していければなと思っています。

ちなみに、わたくしは「関東エリア」「食べ物」「伝統日本文化」「現代日本文化(サブカル含む)」「」「」「」「」の担当です。
いい写真が掲載されているサイトなどがありましたら、ぜひ教えてくださいね。

普通のおじさん、できることしかできませんが、コツコツがんばります。m(_ _)m

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する