オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

【広報のタネ】広報担当者が使ってはいけない10の言葉。

»

もしも貴方が広報担当者、または広報担当者になりたい人で、一流の広報パーソンを目指しているのなら、次の言葉は絶対に発信しないように気をつけましょう。もしも、このような言葉づかいをしていることがジャーナリストに知れたら、貴方自身の評価は目に見えて下がっていくでしょう。

というちょっと怖い切り出しで、10のNGワードをご紹介します。
もちろん、個人的意見です。


1)提灯記事
これは、書いた記者への蔑称にもなります。間違っても、こんなことを言ってはいけません。周囲が言ったとしても貴方は言ってはいけません。「あまりおもしろくない、競合会社に好意的な記事」など、別の言い方をしましょう。

2)リーク
もし、有能なリーガルコンプライアンスオフィサー(要は法務責任者など)がいたら、リークは情報漏えいとみなされ、貴方は大変な立場に追いやられる可能性があります。機密情報を「リーク」してはいけないのです。「単独会見」「独占取材」など、他のいい方をしましょう。

3)広告出してもっと書いてもらおう
金権分離、言論自由を貫くジャーナリズムの世界では、広告を出しても、記事が増えるわけではないし、広告を出すのをやめたからといって、記事が減るわけでもありません。交渉材料には使えないことを学びましょう。同時に、むしろ、メッセージ戦略の中身を見直して充実させるべきです。

4)広報はタダだから
ただじゃありません。貴方の人件費、オフィスコスト、通信費など、普段気にしてはいないかもしれませんが、相当なコストがかかっています。貴方が気にしていないだけです。

5)質問がないようなので私から質問を(司会)
会見でこんなこと言わないの。はよ終わりなさい。

6)質問がないようなので当てます(司会)
質問は、ないからしないの。もしくはわからないから。あとで解説を丁寧にしてあげましょう。会見はセミナーではないので記者を当ててはいけません。

7)さっき彼が言ったアレは書かないでください
言質取られたらあきらめなさい。事前の準備の問題です。

8)原稿見せて
検閲の要請は憲法の大原則に反します。

*ここに「検閲」を用いたのが誤解を招くというご指摘を頂きましたので、念のためその意味についてはリンクを付記します。

9)この取材はオフレコで
それは取材ではないです。マスコミの取材中に、「ここだけの話」をしないように。

10)集まり悪いのであと10分待ってください(司会)
待たない。始めて。
他の人たちはオンタイムに来ているから、その人たちを尊重しましょ。
*やむを得ない事情がある時を除く

これをエントリーするきっかけとなったのは、とある広報担当向けセミナーで、冒頭の「提灯記事」について触れていたからです。人の書いたものを指して提灯記事、と呼ぶことに違和感を覚えました。書いた本人が言うのならともかく、広報ならば、実態がなんであれ、こうした言葉づかいを忌み嫌うべきだと私は思っています。品格を身につけ、一流になろうとするのならなおさら。

*第二弾、もしかしたらやるかもしれません。

*広報死亡かるた、に少し似ているかも。

Microphone1

Comment(2)

コメント

ありい

こんにちは。
OracleのLAG関数に大喜びしているSEです。

> 8)原稿見せて
> 検閲の要請は憲法の大原則に反します。

憲法の言っている検閲は、「国家権力」が検閲してはいけない、という趣旨ですので、ここでの事例には当たらないです。
(「検閲」という言葉自体に「国家権力」「公権力」という意味を含んでいる、という解釈が一般的だと思います。)

「原稿見せて」という行為自体がNGという趣旨は理解できますので、他の表現に変更されては如何でしょうか。

細かい点かとも思いましたが、気になりましたので指摘させていただきました m(__)m

NewTama

いつもありがとうございます。また、コメントをありがとうございます。

このエントリーは、実は広報担当なら誰でも知っているだろう、でも知らないとおやおや、という趣旨で載せさせていただいております。検閲は、おっしゃる通りではありますが、つまり、原稿見せて、というのは言論の自由に抵触する、(公)権力による検閲に相当するという考え方がありますよ、という趣旨でした。広報関係者で検閲の意味を知らない人はいないと思っておりますが、念のためリンクを付記しました。改めて、ご指摘ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿する