オルタナティブ・ブログ > ニュータイプになろう! >

もしも洞察力があったなら……。

64.1%・・・戦後最高の投票率

»

「政治への関心が高い」などという生ぬるい表現では、この投票率の高さを的確に示すことができません。有権者は、変革への決断(decision)をしたのだ、といっても過言ではないでしょう。

産経ニュースによれば、

1960年のJFK勝利超える高投票率、米大学集計

4日実施された米大統領選の投票率は64.1%で、民主党のケネディ上院議員が共和党のニクソン副大統領を破った1960年選挙の63.8%を超え、48年ぶりに戦後の最高記録を更新したことが5日、米ジョージメーソン大のマクドナルド准教授の推計で分かった。

とのこと。

そして、オバマ氏勝利演説の内容を反芻するほどに、これほどクリアなメッセージがあったのだろうか、と感慨深くなります。私たちは「メッセージとは、言葉または非言語で、対象者の意識または行動に変革をもたらすもの」と定義しています。オバマ氏の言葉や態度は、国民の意識を変え、新たな行動へと変革をもたらすでしょうか。いや、それはもう始まっているのかもしれません。あの、連呼された「Yes, we can!」になぜ私たち異国の人たちまで鼓舞(きっと私だけではないと思っているのですが)されるのか。あの言葉に、私たちは未来を確信したのではないでしょうか。

日本オラクルが14年前に掲出したデータベースの広告メッセージが「未来への確信」でした。私はこの言葉が大好きです。未来を自ら切り拓くことができるとしたら、何でもできるような気が(今でも)するからなのです。(関係ありませんが、アントニオ猪木氏の「元気があれば何でもできる」は元気の出る、強いメッセージですね)

ダメなときもあるが、必ず立ち直れる。みんなで力をあわせて未来を創るのだ、という夢と希望に満ち溢れたメッセージにより、極論すれば、たかが一国の大統領選勝利宣言なのに、国境を越えて、全世界、そしてグローバル(地球)を覆いつくしたのです。(*諸事情のある一部国・地域を除きます。念のため。)

ところでこのオバマ氏一連のスピーチライターのメンバーの一人は弱冠26歳の方とか。年齢なんて関係ないし、むしろ、若い人たちこそ、新しい時代を創る力にあふれているのだと、勝手に感想を抱いています。

Comment(2)

コメント

Ifreeta

日本の常識から判断するとこの低い投票率からは、まだまだだなあと言わざるをえません。あれだけの期間とお金を注いだ結果でこの数字ですからね。

数字は見方によって異なりますね。

NewTama

Ifreetaさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、数字は見方によって異なりますね。米国の歴史上、この投票率が高いものである、という趣旨ですので、日本の議員選投票率などとはまったく違うものであると認識しています。

本日の日経新聞でも取り上げられていますが、今回の大統領選では、これまで大統領選をクールに見ていた人々が動いたことが重要な変化であると理解しています。

コメントを投稿する