オルタナティブ・ブログ > ITとビジネスの可能性 >

ITとビジネスのおいしいところを考察 ~ ときどき開発業務改善ネタ

「MS 色なし」日経コンピュータ 2010年3月3日号で異色イベント『Agile Day』が紹介されています。

»

こんにちは。私がマイクロソフトのエバンジェリストとして、マイクロソフト技術ではなく、技術中立な観点で、アジャイル開発、プロセス改善、現場改善という観点からのエンジニアの皆さんへのご支援施策に取り組んでいることはこのブログでもお伝えしてまいました。

1月22日には、やっとマイクロソフト主催で、アジャイル関連のイベント『Agile Day』を開催させていただきましたが、その際に、日経コンピュータさんの取材も入っておりました。

その取材記事が、本日発行の日経コンピュータ 2010年3月3日号 の連載記事「幸せを呼ぶアジャイル開発」にて掲載されました!

私の名前も何か所か(それにしても部署名が長すぎる)に出ておりますが、ここに書いてくださった私のコメントは本心です。記者の方とは、何度かお会いし、その都度私がやりたいことをお伝えしてきてはおりますが、本イベント中にも、「まず業界の活性化をしたい」、「アジャイルも知る機会を増やしたいし、いろいろな形があること、いろいろな方が取り組んでいることを知ってもらいたい」(←知ったうえでどう判断するのかは受けて次第という考えております)「そうすれば、おのずとマイクロソフトの技術や製品の良さは正しく評価されるし、選択肢に入ると信じている」(←だからMSを強く押したりしたくない。まずは土壌づくりをしたい)という想いをお伝えしました。

このイベント自体でも、私が、米マイクロソフトでのアジャイル開発事例のご紹介(前説)をした以外は、特別スピーカーの方々に内容も含めお任せをしました。

で、そんなイベントを 3月19日(金)にも再び開催しようと思っています。

今後は、正真正銘、私は前説のみしかしゃべりません!セッションとワークショップは、マイクロソフト以外の方にお任せします。

セッション1については、後々更新されますが、2009/10/8 に RSC で共同登壇した あの人 にお願いしています。

今回も、開発ツールや特定の技術に依らない内容とだけお願いをしています。いろいろなセッション、いろいろな考え、場の雰囲気といった中で、ぜひ何か一つでも多くのものをお持ち帰りいただければとただただ願っております。

ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。当然、無償です。

 

マイクロソフトのアジャイル開発支援

そして、マイクロソフトのアジャイル開発支援施策のサイトもぜひご覧いただきたいのですが、多くの団体の皆さんが、現場改善に取り組まれております。このサイト自体も、情報源の一つになればという思いで運営をしており、多くの方々にご賛同とご協力をいただいております。

 

ながさわ(@tomohn

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する