オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

人前のスピーチでしどろもどろ 「要は何やねん」と言われないようにするためには

»


人の集まりで、「はい、それでは一言お願いします」
と突然のスピーチでスッと話せると良いなあ、と以前から思っていました。
トレーニングを始める前は、いつもしどろもどろで、「要は何やねん」という状態になっていました。

最近、人前で話すときに気をつけていることがあります。

話す前に、おおまかに話すことを考えて立つことです。

数分の短いものでも、構成を考えます。

例えばですが、3部構成にして、

1部「自分の紹介」(名前だけでもいいし、何者であるか一言。)
2部「その場の方々に関連する話し」
3部「まとめ」

と、2〜3分ほどのものでも、このように簡単に頭でまとめてから話します。

そうしないと、ダラダラ話してしまったり、「あー」とか「えー」とか言って考えながら話すことになり、人のお時間を無駄に使ってしまいます。

「要はなんやねん」

そうならないようにすることが大事だと思っています。

気の利いた話しをしようと思わなくても良いのです。話しの構成がまとまっていることで、人に伝わる話しになります。

また、ある程度頭でまとまっていると、次話すことが思い浮かばなくて頭が白くなることがありませんので、落ち着いて話せます。

落ちついて話せれば、あせって早口になって変につっかえることもないし、皆さんとアイコンタクトもとれます。
そして一番良いのは、しっかり息を吸い横隔膜が使えて良い声で話せるので、説得力のある話し方ができるということです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する