オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

暗譜しないことで舞台に消しゴムを投げつけられる

»

ピアノのソロは、例外を除いてほとんど暗譜が義務づけられています。
 
音大受験、音大の試験でもコンクールやオーディションにおいても、暗譜の場合がほとんどです。
 
リサイタルにおいては、巨匠リヒテルが譜面を置いて演奏したことから、最近では暗譜をしないピアニストもチラホラ増えていますが、まだ暗譜が主流となっています。
 
ピアノは、音が多いことと、30分以上の大曲が多いこともあり、暗譜は結構大変です。私の周囲でも「暗譜が怖いのでもうソロは弾かない」と言っている人が多いのです。
 
これは、年齢を重ねて物覚えが悪くなったから、とかいうレベルではなく、若くても関係なく言われていることです。ただでさえ緊張する舞台。譜面がないところで頭が真っ白になってしまったら、目も当てられません。
 
最近、ピアニスト7名で集まることがあったのですが、「演奏会の1~2週間前になると、舞台にあがってピアノの前に座ったのに何も出てこないという夢を見る」、と全員が口をそろえました。
私も、たまにこういう夢を見ることがあり、これは本当に怖い。夢から覚めると心の底からほっとします。
 
ピアノのレッスンは、聞いてみるとスパルタ式がまだ根強く残っていて、厳しい先生が多いようです。
私の先生は大変優秀な方で、しかも優しかったので幸運でした。
 
厳しくしすぎたからといって、全ての人が良くなるわけではなく、反発してしまい逆効果の例もたくさんあるのです。
 
ある伝説的な話しをご紹介します。普段のレッスンから先生との確執があったのだと思いますが、暗譜であるべき試験でわざと譜面を持って入ってきた生徒に対し、審査員で入っていたその方の先生が凄い勢いで消しゴムを投げつけました。生徒は、投げつけられたことで余計に火がつき、舞台ソデから譜面台を大きな音を立てて出して、そのまま持ってきた楽譜をドン!と置いて演奏した、という武勇伝も残っています。また、その演奏はなかなか素晴らしいものだったそうですが、アカデミックな場でそのようなことをすれば、当然結果は失格になります。しかし、先生が思わず消しゴムを投げつけるほど、譜面を見る、見ない、というのは、演奏家としては大きな問題なのです。
 
暗譜というのは、終わってみれば人間ですから多少のミスがあったとしても、ほとんどの方が一音たりとも間違いのないようにと思って舞台に立つものです。
これは演奏するものにとっては大変なプレッシャーになります。
 
しかし、暗譜し、身体で覚えたことで、豊かなイマジネーションがあふれる可能性も多く、苦労して暗譜する意味も大いにあります。また、聴衆として聴いていた場合、ビジュアル的にも、譜面を見ないで演奏していたほうが、良い雰囲気がするものです。
 
これからも、きっと暗譜はなくならないでしょう。暗譜も怖いけれど、じつは、暗譜しないで弾くことも意外に怖いものです。

そして、暗譜でなくても素晴らしい演奏は存在します。そういう場も少しずつでも認めていくべきなのかもしれませんね。

Comment(4)

コメント

豪太

金を取って楽譜を見ながら演奏するなんてとんでもない!
練習している所を公開してるのなら分かりますけど。
プロ意識欠如としか思えません!
不安とか記憶力低下などの理由で正当化する時点で、人前で演奏してはダメでしょう。
リヒテルは惚けたのでしょう。
頭で覚えるだけで体(指や口)が覚えていないから暗譜があやふやなのでしょうか。
自分は素人演奏家ですが、暗譜していない曲は人に聴かせません。
重奏も歌曲の伴奏も当然暗譜です。
職業演奏家にならなくて良かったです。
室内楽で楽譜にかじりついている奏者とは組めないからです。

豪太さん
>重奏も歌曲の伴奏も当然暗譜です。
とのこと。パートナーのパートもすべて覚えられるのは素晴らしいことですね。
私も、ソロの作品は出来るだけ暗譜をしていきたいと思っています。
本日の記事にも暗譜について追記しました。もしよろしければお読みください。

mee

「暗譜でなければ価値は無い」とまで言う方を知っています。
それはそれで良いと思っています。
「暗譜であって」というのが条件の演奏環境もあって当然だとも思います。
ただ私は「お金を貰って演奏をする」という行為に対して、こんな考え方を持っています。
歴史ある演奏者は「その年齢のその時までのその人を表現するという行為(演奏する)を見せ聴かせ、感じさせることができる」という事です。
これは、演奏者でありパフォーマーでもあるとも思いますが、自分が培って来たもの、技術も表現も、たとえ人から見ればグロテスクであっても、その内面も、人前で裸になった自分をさらけ出す事も演奏の中にあると考えています。
その時の裸の自分は、たとえちっぽけで、みすぼらしくてもその時の自分は自分です。
かつては暗譜でどんな難しい曲も弾く事ができて、一世を風靡したとしてもです。
ただ、ちっぽけで、みすぼらしいその時の演奏者は、ただのちっぽけで~ではないと思っています。
その演奏家には、演奏家としての歴史が刻まれているからです。
暗譜に関してだけではありませんが、例えば晩年のホロビッツは本当におじいちゃんで・・・でもなんてあたたかく味のある演奏だったでしょう。
そう思ったのは私だけだったのでしょうか?
歴史が刻まれた演奏家は、人の琴線にも触れる音を出す事ができると思っています。
もちろん、若くてピンピンしている若手の演奏家でもそれはありますが、積まれた歴史はまだこれからです。
私は楽譜を見ていても、人間のそんな部分を拝見できる演奏家の方の演奏を素晴らしいと思っています。

meeさん
一般的に「年を取って感受性が鈍くなった」と言われますが、人生を重ねることでさまざまな経験をし、さらに感受性が豊になっていくような気がします。そういう意味では、人間の可能性は無限ですね。人生の深みを感じさせる仕事をなさる方を見ると勇気をいただけます。

コメントを投稿する