オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

xfyは誰がどうやって使うものなのか

»

 前回に引き続き、ちょっと時間は経ってしまったがジャストシステムの話題。前回はATOKってすごそうだということを書いたが、さて最近力を入れているxfyはどうだろう。

 ジャストシステムのxfyについて、私が初めて話を聞いたのは1年以上前の米国での展示会ブースでのこと。簡単な説明を聞きデモもみせてもらったが、なんだかよくわからずピンとくるものはなかった。XMLベースのツールだということは理解できたが、誰が何のために使うものかが想像できなかったのだ。

 その後、何度か説明会などでxfyについて話を聞く機会があったが、その過程を経ても「誰が何のために?」の状況は変わらず。すごそうで便利そうだが誰が使うのだろうか、これを使うとどのような仕事が効率化できるかといったあたりが、ずっと疑問として残っていたのだ。

 で、今回のブロガーズミーティング。xfyで作られたブログエディタについて説明を聞き、デモをみせてもらった。xfyというよりは、ブログエディタについてよく理解できた。このブログエディタは面白そうだし、社内コミュニケーション、コラボレーションツールと組み合わせると世界が広がりそうだということで興味がわいた。しかしながら、ミーティングの席でも出たが、あえてxfyでブログエディタを作る必要があったのかという疑問も新たに出てくる。xfyというエンタープライズ向けのツールで、なぜにニッチなブログエディタを作ったのかという疑問だ。

 ところが、ジャストシステムとしても、ブログエディタを作ることが目的だったわけではないという。むしろ、xfyがどんなことに使えるかを具現化してみせた1つの結果にすぎないのだというのだ。この説明を聞いて、なんとなくxfyは誰が何をするためのものなのかわかったような気がした。というか、これはあくまでも個人的な見解だが、xfyは誰かが何かをするためのツールではなく、誰もが何かを可能にするツールなのかもしれないと思ったのだ。なんだかややこしい話だ。ようは、少なくとも現段階のxfyには1つの定まった目的があるのではなく、XMLの利便性を拡大する可能性があるツールだということ。

 最近XMLは主役ではなく、どんどん裏方として活躍している。xfyをXMLをどうにかするためのツールと捉えてしまうと、誰が何のために使うのかという疑問がわき上がるが、世の中ですでに動き始めているXMLベースのさまざまなソフトウェアを、知らずうちに連携させたり、付加価値を与えたり、変化させたりといったことを可能にするツール。これを目指しているのではないだろうか。

 そんな可能性がどこにあるかを理解するためにも、もらってきたxfy Blog Editorをもう少し使い込んでみようかと思うのだった。

Comment(3)

コメント

ジャストシステムの中の人ではありませんが、xfyについて一言。

あれはクライアントサイドの汎用XMLプラットフォームと考えるのが一番自然かと。クライアントサイドのみで完結させる、(広義の)マッシュアップを念頭において設計されていますね。

複数システムを、フロントエンドのみで連携させて利用することができそうなので、「システム統合」のコストを大幅に削減できるかもしれません。

何でもできそうなんですが、逆に言うと、それくらいしか真っ当な使い道がないのかもしれません。

そういう意味で言うと、ブログエディタのようにマッシュアップ要素の低い用途だと、xfyの実力はよくわからないのではないかと思います。

xfy

オープンソースのプロジェクトならばこれで十分だと思うのですが、商用ベンダーが、ジャストシステムが何故?このような形態で?という感じはしますね。

まだ成長途中といえば成長途中なんでしょうね。可能性が成果につながるかは、タイミングと周りの技術や必要性などさまざまな要因も関係しそうです。XMLそのものも、特別な物ではなく、ここ最近はごく当たり前のものに変わってきているし。最終的にxfyがどう進化していくのかウォッチしていくことにします。

コメントを投稿する