オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

「番長と遊ぼう!」 あの人にオススメしたい、この1冊

»

 ばんちょ~の御指示ということで、あの人にオススメしたい、この1冊を書きます。
 
 私が本に目覚めたのは、小学生5年~6年にかけてです。
 それまで、ほとんど本は買うことがなく、漫画本でさえ、所持しておりませんでした。
 読む本と言えば、図書館の本ぐらいで、本屋なんてほとんど行かないという暗黒の時代でしたね。
 しかし、その時、私はある本に出会います。
Photo私の買った当時の表紙と違います。
 
 星新一 著作 「ボッコちゃん」
 
 きっと当時の私は、参考書を探す時に立ち寄った本屋さんで、この本を名前の面白さから何かと勘違いして手に取ったのだと思います。
 そして、私はすぐにこの本のトリコになりました。
 ショートショートという作品形式も初めてでこんなに簡単に読める本って何?
 というぐらいのインパクトがありました。
 この本を購入して、中学に入る前に、星新一の本はすべて購入し、読破しました。
 そして中学生になります。その頃にになると、私は一日に1冊の本を読まないと眠れないという、なんだかな~な子供になっておりました。
 毎日寝る前の2時間ほどが私の読書時間です。同じ本を何度も何度も読みました。話の内容は全部わかっているのにそれでも読んでしまいます。
 それでもさすがに飽きてきて、他に作家の本をどんどん読むようになります。筒井康隆、光瀬龍、広瀬正などの日本のSFを読破すると、海外のSFの有名人である、フレドリック・ブラウン、E・E・スミスなどを読破しました。大体SF物が完了すると、日本の文学物に手を出します、芥川龍之介、夏目漱石、宮沢賢治などです。
 そしてついには、星新一とは全く関係ない ポケットサイエンスみたいな技術書や歴史書、芸術解説書、医学書など何でもかんでも読むようになってしまいました。
 結果、私の通っていた学校の図書館はもとより、市立図書館へも相当頻繁に通うことになりました。
 
 当時、子供の小遣いで買える限界であろう、年間200冊以上の本の購入(中古含む)は、今でもどうしてそこまで、と思わせるものがあります。本棚なんかは全く意味をもたず、ほとんどの本がダンボール箱に入れられておりました。
 はっきり言って、こんな子供に育ってよいかどうかわかりませんが、少なくとも知識欲というか、何かを知りたいと思う子供にはなれたと思います。大して頭の性能が良くない私がそれでも何とかコンピュータ業界で生きていけているのは、この頃の経験が大きく左右しているのではないかと思われます。
 
 さて、本題にもどります。私が、おすすめしたい本はずばり、星新一の本です。
 正直どれでもかまいません。「ボッコちゃん」はすばらしい作品ですが、それでもショートショートという文体は、1冊に多くの作品が収められているはずです。
 
 では誰に、「
まだ本の楽しさを知らないすべての人に
 
 必要と思う書籍(実用書や参考書)以外購入したことがないという人も実は多いのではないでしょうか。私も「ボッコちゃん」に出会えてなければ、そんな人だったと思います。読書感想文を書くのがいやでいやで仕方なかった時代を私は経験しております。
 そんな人間でも本が読めるようになるってすごいですよね。
 
 もし、本の楽しさを知らなかったら、人生の何割かを損しているのかもしれませんよ。
 
 
 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。

Comment(5)

コメント

本を読む楽しさは、格別ですよね。
ワタシも10代のころ本漬けの生活で、同級生のお父さんが出版社勤務なのをいいことに、毎月大量の本を社販価格で代理購入して貰っていました。
友達のお父さんも本好きだったから、快く応じてくださったのでしょうけれど、いま思い返すと、重かったろうにと申し訳ない思いがします。

ばんちょ~さんコメントありがとうございます。
いろいろ本は読みますので何を紹介しようか迷ったのですが、自分自身が救われた本が一番良いだろうとこの本にしました。
本当に縁というものは有るらしく、この本に出会わないパラレルワールドの宮沢は、本を手に取ることがないまま生涯を終えるのでしょうね。

KEN

itmedia.co.jp の記事読みました。

>締め切りはお客様との約束ですから仕方がないけれど、あとは社員が許してくれと言っても必ずやらせます。うちみたいな会社に失敗は許されません。一度でもできないことがあると、われわれには命取りになるからです。

社畜の社員さまに心から同情します。
何度かできないことがあっても会社として成り立つようにするのが、他ならない「経営者」の仕事だと思うのですが、いかがでしょうか。

有給休暇ぐらいは出してますよね?
でなきゃ法律違反ですよね?

KENさんコメントありがとうございます。
どうもKENさんは勘違いされているようですが、私は時間的な事で無理強いを社員にしたことはありません。あくまでも技術的に出来る、出来ないという点においてのみです。
技術的な面で自分には無理だとか、そんな言い訳を私は許さないということです。
もし、本当に現在ではまだ無理だとしたら私はその社員にその仕事を分担させることはしていません。
もちろん有給休暇は十分に出しておりますし、有給休暇申請などというものもありません。みんなちゃんと消化しています。
私は自分が納得して技術者として働ける環境を実現することを最初に決めました。
ですから、有給休暇を自由に取れること、サービス残響は絶対にさせないこと、上司が細かな点に一々口を挟まないこと、社員を信用して仕事を任せること。
以上は、私が自分に課した最低限の事項です。

私たちは初めのうちは「そんなの無理、できない」と言います。
ですが最終的には完成し「できたできた」と言っています。
無理だと思っていたことが実現できるとうれしいですよね。


>あとは社員が許してくれと言っても必ずやらせます。

「やらされている」という感覚は社員にはありません。
私たちは今現在できる範囲内で、
お客様から信頼されるよう、意識し行動しています。


仕事の区切りがつけば、
有給休暇を使って全国ツーリングに出かけたり、
海外で休暇を楽しんでいます。

コメントを投稿する