オルタナティブ・ブログ > ポジティブ果実のなる木 >

基本ポジティブな視点で、テクノロジーのこと、マーケティングのこと、その他いろいろ勝手にレポートしていきます。

金融電卓と金融業界に憂う日々

»

会計・財務を含めた基礎コースが来週で終了するため現在授業が大詰めを迎えています。

これらの基礎クラスでは、金融電卓を使うのですが、そもそも金融電卓なんてものが存在することすら知らなかった私。HP12Cという長年業界で愛され続けてきた電卓を前におろおろと日本語マニュアルを読んでいます。

12c

これを使うといわゆる現在価値(PV)や将来価値(FV)の算出、金利計算などの複雑な計算ができるという訳です。が、ご存知のとおり、これらの計算はエクセル表計算でも簡単にできます。

「じゃあ、エクセルだけでいいじゃん。」って泣き言を言いたくなりますが、パソコンができる前の時代はこれしかなかったんだなあと昔(20年前?)に思いを馳せています。また、この電卓は計算するのにちょっと時間がかかるのがなんともほのぼのするところ。数値を入れると、「Running」と出て3秒後くらいに解が出るあたり、「あ、計算してくれているな」という感触があります。と同時にパソコンのある便利な時代に、テクノロジーの進歩に本当に感謝

ところで、ご存知のようにここのところアメリカの金融市場が大変なことになっています。授業中にも教授がそれぞれサブプライムの仕組みについて説明してくれたり、今回のAIG救済の対応について意見を述べたり、と大きな話題になっています。私も毎朝Wall Street Journalを拾い読みしています。投資銀行はI-Bankと呼ばれ、一流MBA卒の(高い授業料で作った借金を返済するのに都合のよい)就職先として従来人気がありましたが、今やモルガンスタンレーとゴールドマンだけになってしまいましたね。教授からも「金融業界がまた上向くまでにはまだ時間がかかるだろう。」と話がありました。私自身は金融業界は全く遠い世界ですが、ただ今後、他の業界、そして世界経済全体に与える影響が本当に心配ですね。

とりあえず今は学生として、目の前の勉強に励むのみです。

Comment(2)

コメント

こんにちは、高橋徹@代替案のある生活です。
 
HPの金融電卓ですか!HPには科学計算用電卓というのもあって、複雑な計算を簡単なプログラミングで計算できる電卓がありました。値段は学生には高かったけれど、独特のキータッチ(ペコ、ペコっという感じ)で、持っていてうれしかったです。30年弱前のことです。
 
私は最近金融関係の仕事につき、今回のこのアメリカの金融パニックについて、運良く様々な角度から見ることができました。アメリカでは大騒ぎですが、世界各中央銀行が協調介入をして、日本でも日銀がタイムリーに500億ドルの緊急ドル供給を行った為、大きな問題になっていません。日銀が介入しても、ITインフラが正常に稼動しなければパニックになるので、IT化推進による処理能力の高さも、見逃してはならない効果だと思います。しかし、これは表立って評価されていません。
 
そのためか、日本の新聞のこの問題の取り上げ方が不十分で、日本全体として、対岸の火事のような感じになっているのが、不安材料ですね。実は、日本の金融機関には、かなりの影響を与えていると思います。しかしCNNやBloomberg のテレビでやっている緊張感は日本には伝わっていません。また、ヨーロッパから見たこの状況、BRICsから見た状況と、様々な異なる視点があるように思います。
 
この辺については、今週あたり私もブログに書きたいと思っています。

とおるさん、コメントありがとうございます。ITインフラによる処理能力、なるほど気づかないところで昔とは違うアドバンテージがあるのですね。なんだか大きな不安ばかりが渦巻いていて、実際の状況があまりわかっていませんので、とおるさんのブログを楽しみにしています。

コメントを投稿する