オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

ちまたで数独がはやるわけ・・・知のパラダイムシフト

»

"SU DOKU"(数独=すうどく)というパズルが、昨年くらいからイギリスで、すごいブームとなっています。このニュースは、すでに日本でも紹介されているようですし、日本でも、SU DOKUを掲載する雑誌なども増えていますよね。

London_019 ルールは簡単で、縦の9列と横の9行、それから9つの正方形の中に、1から9までの数字を1つずつ当てはめていくというものです。左の写真は、CeBitで発表されたUltra-Moble PCにプリ・インストールされている数独ソフトの画面です。黒い数字は、あらかじめ書かれているもので、青い数字は解答者が入力したものです。

イギリス人は、もともとクロスワード・パズルが大好きで、新聞には、毎日かならず、クロスワード・パズルが掲載されています。そして、SU DOKUも、そのクロスワード・パズルと同じように新聞に掲載されるようになり、ブームとなりました。 新聞とペンを持って、あれこれ考えるというスタイルが、クロスワード・パズルとよく似ていて、クロスワード・パズル好きのイギリス人の心をがっちりつかんだと言えます。

でまぁ、この話は、これで終わりなのですが、あえて、「なぜSU DOKUが流行ったのか」について、さらに深く考えてみます。

そもそもクロスワード・パズルというのは、単語を知っている数が多ければ多いほど容易に解くことができる、という性質のパズルです。つまり、知識の量が多い=パズルが解ける=頭が良い、ということを意味していたわけです。 ところが、インターネットの普及により、知識や情報は、比較的容易に手に入れることができるようになりました。つまり、誰でも、豊富な知識を手にすることができるようになり、そのことが頭が良いことを意味しなくなってしまったわけです。そのような状況において、新たに、頭が良いことを象徴するものが求められ、それが数学的なパズルであるSU DOKUであった、ということができます。

日本でも、SU DOKUが流行るかどうかはわかりませんが、これからは、知識の量を競うものよりも、数学的な思考力を試すパズルやゲームが人気を集めるのではないのでしょうか。

Comment(4)

コメント

mohno

> 数独
日本でも流行ってますよ :-) たぶんヨーロッパほどの“ブーム”ではないんでしょうが。かのニコリでは、こんなにラインナップが出てます。→ http://www.nikoli.co.jp/storage/penpabon/index.htm#pid1
数独は、ルールが単純なところがいいのでしょう。何しろ5歳の息子も(手を借りながら^_^;)楽しんでいるくらいです。クロスワードでは無理。
でも、“頭が良いこと”の象徴とクロスワードの衰退(?)とは、あまり関係ないと思います。たぶん、新鮮味のあるパズルとして受け入れられたんじゃないでしょうか。
ちなみに、ニコリはパズル誌として別格だと思います(笹塚にオフィスがあったときは直接“買い付け”に行ったことがある)。ニコリは、クロスワードも面白いですよ。:-)
(ニコリの回し者^_^;)

はやってるというか,これ,ナンバープレース(ナンプレ)ですよね?
イギリスではやっているというニュースは去年聞いていましたが,日本でナンプレが流行し,ナンプレ雑誌が次々創刊されたのは五年以上前のことだと記憶しています。今でもパズル雑誌のコーナーに行けば,ナンプレを誌名に冠した雑誌が4つか5つは見つかるはずです。
それともナンプレと数独は違うものなんでしょうか?
以前から疑問に思ってたのでこれを機会にちょっとコメントしてみました。昔からあるナンプレの存在を無視して,「海外ではやってますよー」という紹介の仕方をする日本のメディアに首をかしげております。
……まあ,日本のパズル雑誌の世界での流行なんて誰も知らないから,ゼロから流行を作り直してやろうってことなんでしょうけど。

mohno

数独=ナンバープレイスですね。でも「数独」と名づけられたのは、自宅にある「数独1」(ニコリ刊、1988年)のときのようなので、5年以上前というのは、それよりずっと後ですね。そして、ヨーロッパで流行っているのはニコリが名付けた(≠編み出した)SUDOKUという話ですね。経緯をちゃんと紹介しているメディアもあったと思いますよ。

↑数独とナンプレが同じものだと言ってもらえて一安心です。ありがとうございます。
名称については,なんでもいいんですが,同じパズルだというならますます,日本で流行るか(これは日本で「数独」を紹介するときにもよく言われてます)っていう認識に,ズレがあるなと思った次第です。「昔はやってたじゃん」って思うもので。
……それほどこだわってるわけじゃないですよと言い訳。

コメントを投稿する