オルタナティブ・ブログ > やまもとりずも >

やまもと一緒にトピックの未来を探しに行こう!

見せてもらおうか「CANON EF40mm F2.8」の性能とやらを

»

今年もオートサロンに行ってまいりましたー。昨年は仕事としての記事を優先したので、一眼を捨ててコンデジだけで撮影したのですが、今回は趣味全開&撮影の練習で行こうと思い新たに買った「CANON EF40mm F2.8」を実戦投入することにしました。

その結果がこちら。

ボディは「EOS Kiss X2」で、レンズは「EF40mm F2.8」。これに「CANON スピードライト 430EX II」とHAKUBAのクリップオンストロボディフューザーを使っています。一緒に「EF50mm F1.8 II」も持って行ったんですが、こちらは日野自動車のステージを撮影する際にズーム側が欲しくて使いました。前半が「EF50mm F1.8 II」で、後半が「EF40mm F2.8」を使っています。

スピードライトを使っていたので光量という意味ではF値の差はあまり感じませんでした。両方とも値段と画質を考えるとコストパフォーマンスが素晴らしいです。ただ、どちらか一つと考えたとき、僕は40mmを選択します。まず、レンズ自体が薄いので機動性が圧倒的に上です。このレンズを買ってから、たまにしか出さなかった一眼を毎日持ち歩くようになりました。また、画質についても40mmのほうが切れが良いです。これは評判通りでした。ピシッとおさまります。ボケ具合も、五角形の50mmと違って丸くボケるので、切れがいいけどボケは柔らかいという良い感じの画が撮れます。

これで40mmを常用にしようかなと一瞬思ったんですが、35mmフィルム換算で60mmのレンズを常用というのは無理がありました。その結果が、こちらです。

残念なことに車は一眼で撮れず、コンデジの撮影になってしましました。40mmレンズで車全体を撮ろうとすると、かなりの距離を取らないといけなかったからです。人がたくさんいる会場でその撮影方法を続けるのは無理と判断しました。何とも残念な話です。もっとも、屋外会場で撮影したD1GPの写真は50mmレンズで撮ったものです。迫力があまりないので、撮り方そのものを改善しないといけないなあと思っています。動画はコンデジ(IXY 30S)で撮りました。レンタルして記事を書いたら欲しくなってしまったという思い出深いカメラです。いまだ現役。ランボルギーニカラーが映えます。そういえばオートサロンの会場でレッドを持っている人がいました(僕はイエロー)。

さて、40mmレンズの実戦投入の結論はと言うと、広角側の課題が出たので、次は「EF28mm F1.8 USM」を狙ってみようと考えるに至りました。ちょっと高くなるけど、、、やはり常用できるレンズが欲しいです。まあ、こうやってレンズの深みにハマっていくんでしょうね。あと、6Dとかフルサイズもいいなあ......と。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する