オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

【黄金の金曜日】Xmasプレゼントのアイデア

»

★今週のお題★
「Xmasプレゼントのアイデア」

お世話になったあの人に、ちょっとしたグッズで年末のご挨拶。
「気の利いたXmasプレゼント」
のアイデアを教えてください。自分の体験、伝聞、思いつき、何でも構いません。

トラックバック / コメント をお待ちしております。

(「黄金の金曜日」についてはこ のエントリ をお読みください)

先週のお題は「メールを書くときに気をつけていること」。皆さんありがとうございました。

NEROさんは「一目で内容がわかるタイトルにする」。「【実験】濃度設定ミス→明後日再実験」には笑いました。大木豊成さんもタイトルの工夫で「どうしても読んで欲しいメールの件名に【テーマ】を入れる」とのこと。40字とはいえ奥が深いタイトルの世界。
mohnoさん(mohnoさんのblogにはT/Bは打てないのかな?)は、「文章を短く」。『いろんなケースを想定して“抜かりのない文章”を書こうとしてしまう』というのはよく分かります。私もたまに同じような状況で自縄自縛状態に陥ります。

sapphireさん、匿名^_^;さんは、私の「冒頭で『お疲れさまです』と書かない」に反応してくださいました。

さて今週のお題。「気の利いた」という表現はそぐわないかもしれませんが…
今年、息子の友だち(幼稚園生)のお母様が急にお亡くなりになってしまいました。
その子の誕生日はXmasの翌日なので幼稚園は冬休み、お祝いをしてあげられません。
そこである人が、予めハガキにその子の住所氏名とちょっとしたイラストを添えた手紙を
30枚ほど用意して、友達のお母様達に配りました。Xmasイブの日あたりに投函すると、
誕生日には30人の友達からの手紙が舞い込む仕掛け。
1500円でこれ以上温かいプレゼントはちょっと思いつけません。

Comment(2)

コメント

先週のアエラでも話題になっていたような気がしますが、いまの「飛び出す絵本」はすごく進化していて、大人でも「おお!」と驚くぐらい良くできているらしいです(伝聞)。絵本もいまちょっとしたブームですので、同じ路線でちょっと目先を変えた「飛び出す絵本」はいいんじゃないでしょうかね。

chopper

今まででもらったプレゼントで気が利いていると感じたのは「デッキブラシ」です。『将来、自分の家にあるプールを、平日にデッキブラシを使ってゴシゴシお掃除するような生活をしたい』と友人に言ったところ、『家もプールも買ってあげることは出来ないけれど、デッキプラシなら買えると思って』と手渡されました。
”夢が叶ったときに必要なモノ”という観点でプレゼントを選んだところが、「夢が叶うように応援するよ!」と言われるよりも嬉しく感じました。(応援する気持ちが形になって現れたというか・・・)
未だに家すらありませんが、そのデッキブラシを見るたびに心地よいプレッシャーを感じます。

コメントを投稿する