オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

Web2.0系ツールの企業内への浸透状況

»

 ちょうど1年前に米ChangeWaveの調査結果を紹介したが、2008年秋の情報を見つけたので報告。

 BlogやwikiといったWeb2.0発のソーシャル系ツールがイントラネットにどれくらい浸透してきているかの調査結果。全社利用と部分利用を合計した際のそれぞれのツールの導入割合は、割合の高い順に言うと20090115_1

  • インスタントメッセンジャー 53%
  • 会議室/フォーラム 52%
  • wiki 49%
  • ブログ44%
  • RSS 36%
  • 写真/動画共有 28%
  • ポッドキャスト 24%
  • タギング 21%
  • SNS 14%
  • マッシュアップ 6%

{出所:Intranet 2.0 Webinar Oct 2008}

となっており、相変わらず欧米ではwikiの人気が高い(日本で人気のSNSはブービー)それと写真/動画共有が伸びてきていることにはちょっと注目したい。元のスライドの30Pにはトヨタ系企業でのIntranetTVの事例の画面が紹介されている。

20090115_3そしてもうひとつ面白いスライドがある。こうしたWeb2.0系のプロダクトの認知度だか人気度だかを聞いたらしいのだが、トップはマイクロソフトのSharePoint、次がMediaWiki、ConfluenceといったWikiツール群と、WordPressやFacebook等のネットでの有名ツールという結果。
 SharePointが選択肢に入っているのに先日新バージョンの8.5が出たNotes/Dominoが選択肢にないのは、Notes/DominoはWeb2.0プロダクトとしては認知されていないということか。興味深い。それとこれまで押さえてこなかったDrupalやThoughtFarmerといったプロダクトも後で調べておく必要がありそうだ。

{出所:Intranet 2.0 Webinar Oct 2008}

 ちなみにこの図の入っていたスライドは、イントラネットのコンサルティングに定評のあるPrescient Digital Media社のFounderでありCEOのToby WardとJanus Boyeらのもので、どこかのオンラインセミナーの為に作ったものらしい。

20090115_2

 あと参考までに類似の調査結果も紹介しておくと、 NetStrategyJMCの「Intranet 2.0 - hype, reality & future trends」というレポートにも同じようなデータがある。(図はスライド9より)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する