オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

オルタナ・ブロガーも窓際族になって自己実現を果たすのか

»

 昨日書いた実名ブログの定点観測結果は私にとってあまり面白いものではなかった。

  • ブログブームは終わったのだろうか。
  • そして我々のような実名ブロガーはもはや今後増えていかないのだろうか。
  • インターネット上で実名ブロガーが今後増えていかないのなら、イントラネット上のイントラブログや社内SNSはもっとダメなのでは無いだろうか。

そんなことを悶々と思い、昨日のエントリーを書いた後にちょっとネットでブログ界隈の話を見て回ったところ、面白い話を2つほど見つけたのでご報告。

 一つ目は徳力さんの「なんといっても企業のブログの成否は、ブログの担当者次第ということ。」というエントリー。AMNブログイベントのレポートを書いたもので、当日のパネラーでもあったシロクマ日報の小林さんのもうひとつのブログであるPOLAR BEAR BLOGにも「ブログ+PASSION=?」という内容で同じような話が紹介されている。これらのエントリーの結論になっている 何かを成功させる=ブロガーにブログを書かせ続ける源泉がPASSIONだ、というのにはまさしく同感。

 もしそうだとすると昨日書いたようにこのところブロガーの投稿数や継続率が低下してきているのは、実名ブロガーたちにこのPASSIONが無くなったということになるのだが、どうもそうでは無いように思っている。通常PASSIONを持っている人は普通の人よりも行動が早い、したがってブログなどという新しいツールを使って情報発信をし始めるのも通常の人に比べると比較的早かったのではないかと推測される。だから初期の頃から始めているブロガーの継続率と、ブログを書くことが一般的になってから始めた最近のブロガーには継続率に差があるのはある意味当然で、最近のブログの継続率が低下しているのこのせいだという仮説を私はとりたい。

 で、そんなPASSIONを持ったブロガーが次にどう行動するかということについて、モバイルとPCのはざまでというブログに「アルファブロガーはみんな窓際族だ」という面白いエントリーを発見。これによると

アルファブロガーの共通点(中略)
・会社の人間よりネットの人と喋っているほうが刺激的なのでそちらにできるだけ多くの時間を費やそうとする
(中略)
・その時間を作るためには仕事(雑用)に押しつぶされてはいけない。したがって自主的に窓際族になる

だそうだ。なるほどちょっと判るような気がする。面白い仮説だ。もちろん全員が全員この思考になるとは限らないだろう。当然PASSIONを会社でやっている公式ブログに振り向ける人もいるし、実名ブログ上で素性を明かしながら情報発信することをそのまま本業(仕事)に繋げることを模索(そして実現)する人も相当な割合でいるはずだ。だから全員がそうだとは限らないが確かにそういう選択肢をとる人もいそうだ。

 さてしかし、ここで定義された窓際族という選択肢をとった場合、最終的にはブロガーという枠をすら飛び越えて活動するようになるのではないだろうか。そうアルファブロガーの更に先に行ってしまいそうな気がするのだ。もしかすると、オルタナティブ・ブロガーの中にも外での刺激を求めて、所属する組織やブログという枠を飛び越えて活動を始めている人が今後増える可能性がある。昨日のエントリーでエントリー数や継続率が下がっていることを報告したが、実はこれはブログの枠を超えて活動し始めた人が増えたという兆候だととるのは、ちょっと乱暴すぎる仮説だろうか。

え、私?窓際族ですか?うーん、どうなんだろう・・←ノーコメント

Comment(8)

コメント

・・・私の席は窓際です!

・・・え、私?ノーコメントでお願いします。
ただ「会社の人間よりネットの人と喋っているほうが刺激的」というのは激しく同意、というのはナイショです。

「アルファブロガーはみんな窓際族だ」の該当記事の後半に、ここでいう「窓際族」の定義が書いてあったが、
>会社の花道から外れることで、社内の目では気づかない刺激を会社にもたらす人
>類義語は「一匹狼」
と書いてありますが、窓際でなくとも、この一匹狼気質な人が多いのは確かだと言う気がします。そういう意味では私もそうかな? 私自身はアルファブロガーではありませんが。
さらに、
>アルファブロガーってちゃんと家庭を築いている人が多い。
>安定した幸せな生活基盤があって、
>その上で仕事とネットでは刺激を求めたい
これも、自分に当てはまる気がしました。
アルファーブロガーの旅立つ先は、独立したコンサルタントか物書きかな?

こんにちは。
個人的には、組織や個人のネットワーク化(ネットワーク環境への適応)がいま始まったばかりであって、アルファなどがつくブロガーの方々のライフスタイルや仕事のスタイルは、これから来る変化の先触れみたいなものだと考えています。
個人レベルではネットワーク対応できているのに、日本の組織の方がまだまだなので、組織から出てしまう人もちらほらいるという状況なのでしょう。窓際的な現象が生じているとすれば、その背景はそういうことだと思います。
いずれ、組織がネットワーク対応しないと生き残れないという状況が必ず来るわけで(米国などで利益率の非常に高い会社はすでにそうなっているので)、そうなると、現在ネットワーク対応できている個人の価値がすごく上がるのではないか。そんなことを考えています。
Web2.0リテラシーのある個人は、数年後には経営企画室の逸材ということになっていくのではないか。そんなところです。

弊社はフレックス・オフィスで席が決まっておりませんので、窓際には近づかないようにしています。窓際族が窓際に座ったら。シャレになりません(爆)。
 
ブログはやってみて気付いたのですが、ある程度プライベートに、かつ、ある程度パブリックに、自分の思ったこと、気付いたこと、面白かったこと、人に伝えたいことを簡単に書ける、新しいメディアで、日本の場合、Mixiの簡便さにちょっと逆風になっているだけで、Webサイトとも異なる、ずーっと継続すべきメディアだと思います。

すでに窓際族というか社内ニートと言うか、
そんな感じの工藤です(汗)

個人的にはブログと言う媒体を、キャリア的に若い人たちが運営することによって、
新しいキャリアとかが見えてくるので、お勧めしたい感じです。

社内にいると
「会社内のキャリア」
しか提示されないですが、
ブロガーをやっていると、仕事の多様性というか、「世の中には色んな楽しい仕事があるんだね」ってことが見えてきます。

まぁ、あとブログを書いていると自分自身のラベリングに役立つかなぁと。
「○○社の工藤さん」よりも
「一人シリコンバレー男の工藤さん」のほうで覚えていただいております。

吉川さんお久しぶりです。”窓際族”ってなんか久しぶりに耳にしました。ブログを書き始めて感じた事ですが、自分なりの”思い”を多くの人に見てもらいたい(伝染して欲しい)っと言う”熱き思い”が必要で、それ自身パワーを必要とします。そして通常の業務をこなしながら、ブロガーであり続けるにはかなりポジティブにならないと、継続できないんじゃないかなあって思います。感受性も高める結果となり、私はより一層頑張ってる充実感があります。反省点としてはブログの内容をもっと濃いものにしないと駄目だなって所でしょうか?

皆様コメントありがとうございます。私は先週は窓際族どころか第1線にでづっぱりで動き回ってとてもではないがブログを書く暇なんて・・・という感じでした。
 今までもそういった時は、過去に書いたストックで凌いでいたのですが、最近ついにストックが無くなってきました(汗)

 そうそうアキヒトさんのコメントにあった「会社の人間よりネットの人と喋っているほうが刺激的」というエントリー内の部分については私もたしかに同意できるのですが、そうは成りたくない&そうしないように、常に社内で刺激のある人を育成したりできるだけ社内の面白い人と一緒に仕事をするようにしています(笑)
 で、そんな事やっているとまたバタバタと忙しくなってしまうんですよね~

コメントを投稿する