オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

私にしかできない仕事というのは組織では幻想

»

 3連休なのに特に予定もなかったのでネットをブラブラしていたらはてブのホッテントリ(最近の人気エントリー)のトップに城繁幸さんの本「 若者はなぜ3年で辞めるのか?」について書いたブログが出ていたのを見かけ、 早速本屋に行って買ってきて読んでみた。
 城繁幸さんといえば元富士通で「成果主義」に関する本を出していることは知っていたが著書を読んだのはこれが初めてである。全般的にこの本で書かれている企業内での事象や例示、そこから導きだされている仮設や主張には非常に納得感があり素直に入ってきた。この本の中でも“答え教えて症候群”に類似する話が出てきたのには苦笑してしまったが。
 結論として若者各個人に“働く理由”と“やりたい仕事”を見つめなおしてまずは「声を上げよ」というお言葉にも全面的に賛同。若手社員は大いに見つめなおして声を上げて欲しい。「自分たちは、会社に配属された部署で指示されたとおりのことをやってきた。その結果、気がついたら、社内では必要の無い技術者になっていた。」なんてことになる前に。但し、その際にちょっとだけ思い出したことがあるので書いてみることにした。

 私のところには「将来コンサルタントになりたい」とか「希望の部署で仕事をやりたい」といってキャリアの相談にくる後輩が時々いる。そういう彼らに「やりたい仕事」を聞くと「私にしかできない仕事をやりたい」と答えることがある。かくいう私自身もそうだった。そしてその理由で会社を辞めていく後輩も何度か見ている。
 ところがこの「私にしかできない仕事」という希望は結構曲者である。実のところ企業や組織というものは「誰がやっても仕事の結果や内容が同じ品質になる」ということを目標の一つにしているものだ。考えてみれば当たり前で、ある人が辞めたから注文を受け付けられないとか、ある人が風邪で休暇を取ったからといって製品の品質が落ちたなんてことがあっては困るのである。
 もちろん特定の人にしか出来ない仕事がまったく無いわけではない。でもそれはどこの組織にも少数しかない。大半の社員がマックの店員と同じレベルの仕事しかしなくて膨大な利潤を生み出す仕組みを考えるのは、ビジネスモデルを構築する仕事でありこれは誰にでもできる仕事ではないが、こんなポジションはどこの企業にもほとんどない。

 この本の一節には「日本企業でのキャリアは本質的にはマックのバイトと同じ」という痛切なコメントがあるが、これは日本企業に限ったことではないと思う。残念ながら私は日本企業にしか勤務したことが無いので想像の範囲でしかないが、外資系企業でもパーツとしての役割しか与えられない社員の方が大半だと推測している。日系とか外資系とかいう問題ではないと思う。
 それでは事業会社(部門)ではなくコンサルティング会社(部門)であれば「私にしかできない仕事」ができるのだろうか、残念ながらコンサルティング会社もやはり組織である。実業会社よりはチャンスは多いと思うがやはりそれは少数派である。
 結論として「私にしかできない仕事」という答えでは環境を変えてもチャンスはあまり増えない。もうちょっと掘り下げて考えて欲しい。この答えしか出ないようであればまずは今の環境でもうちょっと知恵を使うなり工夫をするなりすることを薦めたい。

 この本の中でも城さんは諸手をあげて転職を勧めているわけではない。まずは“我慢”することなく「声を上げろ」と書かれている。この声を上げるときに上に書いた話をちょっと考えてみてはどうか。多分この本を読むのは20代から30代前半の若い会社員だと思うが、これが若干先輩にあたる私からのアドバイスである。

Comment(6)

コメント

ブロガー(志望)

お邪魔します。
>私にしかできない仕事
の典型は文学や美術や音楽といった「芸術的」な
仕事ではないでしょうか。こういった仕事には
・生まれ持った素質が無ければどうしようもない
(学習や訓練で補える余地が極めて少ない)。
・ニーズ等にマッチングしなければツブシがきかな
 い(例えば生前は1枚しか絵が売れなかった
 ゴッホ)。
といった特徴があります。

”私にしか出来ない仕事”があるとしたら、自分が作り上げた仕事だと思います。その場合でも、ブロガー(志望)さんが書かれているように、素質・才能・運によって仕事ができる人が限定されていない限り、誰かはできる仕事だと思います。その結果、”他人にその仕事をできなくする”といったマイナスのアクションが入りますので、組織で見た場合には決してよいことではありません。
コンサルティング会社でも、”私にしか出来ない仕事”は無いと思います。”あるポジションでしかできない仕事”、”経験を要する仕事”があるだけです。
本当に”できる”人になるためには、”自分にしかできない仕事(と思っているもの)”を他人ができるようにすることで、自分はさらにどんどん新しいことに挑戦していくことが重要だと思います。転職市場でも、”できる”人はどこに行ってもできる、”できない”人はどこに行ってもできないという両極端になっていくと思います。
本論から少し離れましたが…

皆さんコメントありがとうございます。
私も上に書いたように「組織としては、ある特定個人にしか出来ない仕事はあり得ない」と思っています。
でも時折「この資料は俺しか書けないぜ」みたいなことを思い込みながら仕事をやっている自分も居て。
矛盾してますねぇ…

コンサルタントなどの職種につくことが「私にしかできない仕事」をする手段なのではなく、「この仕事はワタシ以外の人がやってもいい仕事かもしれないけど、ワタシがやることで、ワタシならではの魂を吹き込むんだ」ってな心意気が、「オンリーワンな仕事」につながると思いたい。

※ そういえば、山海塾の天児牛大(あまがつ うしお)さんが、白塗りや坊主頭などで舞踏を行う理由として、それは個体の違いを極限までそぎ取るため。そして、強い個性はそれでもなおかつにじみ出てくるもので、それはそれでよいと思う、というような趣旨のことをどこかで話されていました。

貧乏神

「芸術的な仕事」が「私にしかできない仕事」の代表だというなら、ソフトウエア開発も同じですよ。
違うのは、無能な管理職やハード屋さんが、その事実を頑なに認めようとしない点ですね。だから今日もデスマーチが量産され、犠牲者が増えていくのです。

「企業や組織というものは「誰がやっても仕事の結果や内容が同じ品質になる」ということを目標の一つにしている」のだけれど、残念ながら現実は遙かに厳しい。「誰がやっても同じ品質を目指す」ということは、「誰がやっても同じ品質になる」ことを意味しません。まして「誰がやっても一定品質、且つ高品質になる」わけではありませんよ。これは、ほとんど論理のすり替えですね。みなさんも騙されないように注意しましょう。

工場で10年も勤めたパートのおばさんには職人のような方がたくさんいますよ。

コメントを投稿する