オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

組織をまたがる情報共有ニーズ

»

 最近非常に困ることがある。プロジェクトチーム内での情報共有の手段である。プロジェクトチームが自社の人だけであれば自社内のポータルなりファイルサーバで情報を共有できるのであるが、最近はお客様だけでなく自社以外の複数の外部の人を含めた形式でプロジェクトチームが編成されてコラボレーションを行なうことが増えてきている。

 現在はプロジェクト参画企業のどこか一社が自社のメールインフラを使って、同胞メールアドレスやメーリングリストを提供してくれることが多い。短くて単純なプロジェクトであれば、メールまたはメーリングリストでなんとか切り回せるのであるが、プロジェクトがちょっとした大きさになるとメーリングリストはすぐに崩壊する。大きな添付ファイルが飛び交い、それらのどれが最新なのか判らなくなり、打合せの最初に資料のバージョン確認から入るようなはめになってしまう。

 なにか良い方法は無いのだろうか?私の所属する会社も例外に漏れず、資料などの業務上の電子ファイルを自社以外のサーバにおく事はセキュリティポリシーで許していない。したがってインターネットにある無料の掲示板やグループウェアのASPサービスを使うことも出来ない。
 
 自社のDMZにセキュリティの堅牢なグループウェアかプロジェクト管理ツールを置いてもらえないだろうか?そんなに沢山の機能は必要ない。グループで共有できるスケジュール、テーマごとに議論の出来る掲示板、フォルダ構造を持ったファイル共有ツールくらいで充分だと思う。但し、インターネットを通じて外部の人と情報交換をするという性格上、厳重な不法侵入防止やセキュリティ対応用のログ管理などは充実させないといけないかもしれない。あとは、参加ユーザの管理が簡単かつ高速に行なえることとプロジェクト終了時にデータを完全に消去できるくらいか。
 
 昔と違って企業外へも情報交換のニーズは広がってきている。こういった問題は、多分私の周りだけでなく世の中一般に増えてきていると思う。分社化やアウトソーシングによって社内だけでなく外部の人を交えて仕事をやることは昔より格段に増えてきているはずである。
 
 グループウェアのASPサービスは結構増えてきているが、前述のようにASPだと契約できないケースは多い。もしこの企業間のセキュアな情報共有用システムが非常に安価にパッケージ提供されれば売れそうだ。いやむしろサーバ設置の必要のないP2P型グループウェアのほうがチャンスがあるかもしれない。P2P型であれば参加メンバーの各社が同じソフトを自社の社員分だけ購入すれば済むのだから。
 
 そういえば、昔アリエル・ネットワーク株式会社のセミナーに出たときに導入事例でこういった例のことをあげていたような気がする。それにマイクロソフトもどうやら次期OfficeにGrooveを組み込むらしい。今度一度真剣に検討してみようか・・・

Comment(5)

コメント

IBMでは、お客様やパートナー様との情報共有インフラとして、Lotus QuickPlaceを利用できます。IBM社員ならば誰でもアドホックに共有プレースを作成してすぐに始められます。IBMとお仕事される機会がありましたら、ぜひ、試してみてください。私自身はまだ利用したことがありませんが。。。

IBMさんとは時々ご一緒しますが、残念ながらQuickPlaceは使ったことがありません。
機会があれば是非今度使ってみたいと思います。

蓮沼@アリエル

ご無沙汰しております。
セミナーの際はご出席有り難うございました。
ブログで取り上げてくださって重ねて
御礼申し上げます。
是非最新版をお試し頂き、ご意見およせください。

>蓮沼さん
 コメントありがとうございます。どうもアリエル様とはすれ違いでコンタクトがとれず申し訳ありません。
 これに懲りずにまた連絡を頂ければと思います。

 ところで、MSのGroove2007はもうお試しになりましたでしょうか?実は私もインストールはしたのですが社外の方で試している方が見つからず社外との共有ワークスペイスを試すことができなくって。だれか相手を募集しているのですが・・・

蓮沼@アリエル

コメントにお返事いただきましたこと気がつかず失礼いたしました。
Groove2007ですが、弊社徳力が既に試用中で
本人もお相手を募集しております(笑)。
もし徳力でよろしければ私のメールアドレス宛に
ご連絡先を教えていただけますでしょうか?
宜しくお願い致します。

コメントを投稿する