オルタナティブ・ブログ > IT Bootstrap >

Windowsの話題を中心に「知っているつもり」のお話を書いてみます。

第19回 [番外編] 合唱しました(オルタナ定例会) “音声付き”

»

2/10に行ったオルタナ定例ミーティングで永井千佳さんに「音楽って楽しい!」というお話を頂きました。今回はその話をさせていただきます。いや、正確にはお話しいただいたというかご指導いただいたといった方がいいでしょう。

 まず、会議室に入ると名札があります。普段はないんですが。「今日はつぶやいている暇はありません」と。(^_^;)何が起きるんでしょうワクワク。永井さんのお話が始まりこちらの記事にあります"故郷"が流れます。素晴らしい"合唱"です。「いいねー(しみじみ)」と聞いていると

「はい!今日は皆さんにこれをやっていただきます!」

「えーーーーっ!!」(一同)

その後、各種のテスト!?で永井さんによりテノール、バリトン、バスの三チームが編成されました。私はバス(低音)でした。楽譜を見ること自体が学生時代の音楽の授業以来の気がします。高校は音楽の授業の記憶がないから中学生以来ですね。もちろん、私はカラオケとか苦手で普段歌うことなんかありません。各パートで練習して、次は二つのパートごとに練習、そして最後に全員で合唱します。いい感じに仕上がった感じがします。ただ、合唱って自分のパートを歌っていると全体でどういう合唱に仕上がっているかってわからないんですよね。そこで、最後の合唱の前に「ちょっと待ってください」とICレコーダーを出して録音しました。「木沢さん、なんでそんな物持っているの?」「はい。ポッドキャスターの嗜みです。(^_^;)」その結果は・・・この記事の最後にリンクを貼らせていただきましたので聞いてみてください。本データの置き場所はマイクロソフトのWindows Live SkyDriveです。(^_^;)(公開フォルダに置きました。)

 さて、今回思ったことです。先ほども書きましたが、楽譜を見たのが久しぶりで、そもそも音楽に精通しているわけでもないのでどんな音程で歌えばいいかわかりません。同じチームの皆さんに音程を合わせて歌います。自分でも外れているなと言うところがあり、合わせていくとそれなりに合っていきます。みなさんと共同で何かを仕上げていくような感動がありました。自分たちのパートで歌って"小さな成功"があり、そして全体で歌って"大きな成功"に結びつきます。短い時間でしたが、チームワークとかリーダーシップとかそういったことを私なりに考えることになりました。小さな成功を積み重ねて上昇へのスパイラルカーブを描くというのが私の理想的な考えですが、現実にはなかなかうまくいきません。具体的に何かということがまだ思いついていないのですが、何かを考えるいいきっかけになったと思います。

 ブロガーのみなさんと一緒に何かをやったというのはうれしかったですね。それと、とても晴々とした気分になりました。とても楽しいひとときでした。永井さん、みなさんありがとうございました。

ということで、我々の成果は!?

ITmediaオルタナティブブログ・ブロガーによる "故郷"

Comment(5)

コメント

サウンドデータ、ありがとうございます!
音が少し割れているのが残念ですが、貴重な記録ですね!!
ヘッドホンで聴くと、いいかんじですねぇ〜。

ありがとうございます!
気恥ずかしいですが、貴重な体験を記録していただいた、貴重なファイルです。
あ、僕もヘッドフォンで聴いてみよう。

小俣さん、大木さん先日はどうもありがとうございました。
ちょいと音が割れてしまっていますね。また、普段ポッドキャスト録音用に狭い指向性のモードにしたあったので、もうちょっと調整すればよかったかもしれません。さすがにその余裕はありませんでしたが。
確かに貴重な記録です。なんか感激して何度も聞いてしまっています。

木沢さま
記事に取り上げてくださり、また録音もしてくださり、ありがとうございます。
あんなすごい録音機械を常に持ち歩いている木沢さんにも驚きました。。。
合唱って不思議なのですが、カラオケは不得意でも「皆で歌うと上手な人」って結構多いんですよね。パートの中で聴きあいながらお互いに才能を引き出しあうという良い作用が起きているようです。これが合唱の醍醐味なのかなと思います。
私も、この録音はとても気に入っています。この演奏、プロからするとある意味ミラクルだと思います。
本当にありがとうございました!

永井さん、こちらこそありがとうございました。確かに一人よりはみんなで歌うと安心感もあり、堂々と歌えるんだなと思いました。みなさんと一緒にできたのが何よりも嬉しかったです。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿する