オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「IBMのクラウド製品・サービスが、ひと目でわかるもの欲しいんだけど~♪ LotusLiveもCloudBurstも入ってるやつ~☆ミ」で、サクッとWebサイトを作ってみた。オフィシャルに。

»

「IBMのクラウド製品・サービスが、ひと目でわかるもの欲しいんだけど~♪LotusLiveもCloudBurstも入ってるやつ ☆ミ」で、サクッとWebサイトを作ってみた。オフィシャルに。

 10日前に

自分が聞きたい「クラウド」のセミナーを企画してみた。~新製品が具体的にわかり、Webでもtwitterでも参加でき、データーセンターも見たい。

を12/4に開催すると書いたが、

ここに集客してくれていた当社の若き女性営業から、

「IBMのクラウド製品・サービスが、ひと目でわかるもの欲しいんだけど~♪ LotusLiveもCloudBurstも入ってるやつ~☆ミ」

との要望をもらった。

 彼女がお客様にクラウドを説明する中で、

「IBMさんのクラウド製品がひと目でわかるものないの?」

と言われて、自分なりにWebサイトから集めている中で、必要性を感じたようだ。

 可愛い女の子のご希望なら、、、、いや、将来有望な若き営業とお客様の声とあらば用意しましょう!ということで、IBMソフトウエアのポートフォリオ(製品体系)を1枚のプレゼンにサクサクと作って提供した。

 これが我ながら評判がいいので、

 途中、「IBM クラウド・コンピューティングhttp://www-06.ibm.com/ibm/jp/cloud/

のサイトを担当する方や、マーケティングマネージャーに入ってもらい、以下のようになった。

02_cloud

 横軸を

・ワークロード(クラウドを何に使うか。as a ******環境と読むとわかりやすい)

 縦軸を大きく

・社外(パブリック)クラウド

・社内(プライベート)クラウド

に分けて、プライベートクラウドの中は、

・サービス

・ソフトウエア、ハードウエアなどのテクノロジー

そして、

・サーバーにソフトをインストールして最適化した”システム”

に分けてある。

 そして、今回は、IBMソフトウエアだけだが、これを、社外サイトとして開設してほしいと、

Webをやってる東さん(IBM シ)にお願いした。

出来たサイトが以下だ。

 ”LotusLive" "IBM CloudBurst"などの製品名をクリックすると、製品概要が表示され、その下には詳細コンテンツのリンクを用意した。今回はスピード重視で作ったが、今後内容を充実させるつもりだ。

IBM ソフトウェアのクラウド製品・サービスラインナップ
http://www-06.ibm.com/industries/jp/shop/direct/software/cross/special/cloud/01.html

  どうだろう。わかりやすいだろうか。

 ぜひ、ここにアクセスして何か感じることがあれば、ご意見いただけないだろうか。 お客様視点でブラッシュアップしてみたい。

Comment(4)

コメント

しっかり「Lotus Symphony」を使っていらっしゃいますねw

ちょうど今日,クラウド講習行ってきた方と
IBMさんの戦略について雑談していまして
意外と知らないなぁと思っていたところでした。
非常に参考になりました。ありがとうございます。

今回、よくコラボりましたね。ありがとうございました。また、これからもっと良くしていきましょう。
「ポートフォリオ」という名前を捨てましたが、少し響きは良かったかもしれませんね。(裏話)

めそ凹すね丸さん
 コメントありがとうございます。
>「Lotus Symphony」を使っていらっしゃいますねw

 はい。強制的に、、、ではなく、喜んで使っておりますw

 何かご要望があれば、またコメントください。よろしくお願いします。

IBMショッピング店長さん
 いろいろお世話になりました。 これからも充実させていきましょう。

コメントを投稿する