オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

私が死んだら、ブログはどうなるのか?

»

 40歳を越えたあたりから、友人や自分と近い年代の人が亡くなるという訃報が多くなり

「いつ死んでもいいように納得行く毎日を精一杯生きよう」

「子供たち全員が社会人になるまでは健康でいよう」

「いざというときには、妻に長々と迷惑をかけないようにスパッと逝こう」

という3つを常に意識するようになった。また、

「死ぬのは嫌だが、家族を助けるためにカッコよく死ねるなら喜んで死ぬ」

と、ちょっと格好つけて本気で、今なら言える。

 そんな中、自分が死んだときに、ブログはどうなるのだろうと思った。

 ITmediaオルタナティブブログは、この2年間の私の生きた証であり、私に大きなチャンスとピンチを与えてくれた、かけがえのないものである。

 そんなことを思っていたときに、産経ニュースで、

「自分のブログ 死んだらどうなる? 訪問絶えぬ“墓碑”も」

という記事を見た。その記事は、

”故人がどんなブログを書いているか、家族が知らなかった場合、サービスが継続される限り、記述がネット上に残ることになるというわけだ。”

となっていた。

 また、
「ブロガー死してブログを残す――ネット空間に生き続ける“友人”たち」 (日経トレンディネット)

 この記事の最後でも、

”本人が死んでも、その日記やブログはインターネットという空間で永遠に近い時を存在し続けることになる。”

と書かれている。

 確かにそうだろう。死んだことを、わざわざ報告することは少ないだろう。

「一定期間にわたって使用されないIDやアカウントを削除」

という権利をブログを運営しているプロバイダー各社は保有しているが、実際には支障の無い限り残しているようだ。

さて、私のブログ、Twitter、SNSはどうだろう。

私が社外に公開しているブログは「ITmediaオルタナティブブログ」だけであるが、ミクシーとTwitterでも書き込んでいる。

 SNSやTwitterに関しては、コミュニケーションツールなので、必要に応じて削除してもらえればいいのだが、ブログは難しい。

 ITmediaオルタナティブブログに関しては、

 私としては、多くの「新しい読者」の役に立っている間は残しておいていただければと思っている。 アクセス数が多い間は残しておいて頂いて、少なくなったタイミングで、「閉鎖しますので、必要な方はダウンロードしてください。著作権は、、、」と掲示して閉鎖していただければと思う。

 ITmediaはブロガーを維持するために一定の費用をブログのASP会社に払っているため、アクセス数の少なくなったブロガーサイトを残しておくと迷惑をかけてしまうからだ。

 既存の読者は必要なら自分のパソコンにコピーしていただければいいだろう。

 家族のためのブログは、子ども達が私のブログをダウンロードして、写真と一緒にDVDに保存して偲んでくれたらと思う。

 ブログ運営各社も、そろそろ、ブロガーが亡くなった(死亡報告を受けた)時のガイドラインを決めておく必要があるのではないだろうか。

Comment(4)

コメント

同感です。医師として死と直面しているため、自身の死も突然現れる可能性がゼロでないことも充分認識しています。漫画の登場人物のようにキーボードの一叩きで死後のすべての処理が自動的に進むような環境もあり得ず、かといって家族にパスワードなどを書き残しても放置されるのがオチだと思います。
 できればブログ管理でそうした「放置されたブログ」に関して(メール等だけでなく)郵送などの媒体も利用した処置システムが出来てくれたら有り難いです。逆に、書いた人が生きているのに放置されたブログも困りものです。ガイドライン設定は困難な部分が多いと思いますが、希望者に先払いの有料で「死語のブログ処置を希望する」ブログ運営方法があってもいいと思います。

Drメメザワさん
 初期設定で「自分が1年間アクセスしなかったら、自動削除」というオプションがあるといいのではないかと、メメザワさんのコメントを見て思いました。
 何人かから意見をいただいていますので、別途このブログでフィードバックしたいと思います。
 ありがとうございました。

国が、ライフイベントを想定して電子私書箱を検討しています。

税や、年金と同様に、
ブログやパスワードも資産として管理してくれたりすると、
国民の利益にかなう一つになるかもしれないですね。
死亡届をトリガーにして、ブログやパスワードを弔ってもらえるとか。

民間サービスが保険会社あたりから出てきても良さそうですが、

しろとらさん
 電子私書箱は、とてもいいですね。そこに、自分のブログなどが登録できて、死亡届をトリガーにして、ブログやパスワードを弔ってもらえるとか。
 いずれにしても、ブログやSNSが永遠に残る可能性考えて、人格を疑われないような内容にしておかないといけませんね。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する