オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

金賢姫の発言に学ぶ「ビジネスの交渉」と「子育て」の基本

»

 今回の金賢姫元さんと面会に関して、いろいろと私なりの考え、意見を持っているが、このブログで語るのは相応しくないので割愛する。

しかし、彼女の発言の中で北朝鮮との交渉に関する重要なキーワードがあったので触れておきたい。

 そのキーワードは、

「プライドを守ってあげながら、心を動かす」

である。

 これは、

社内での部門間調整のミーティングや取引先との交渉などで、頓挫した時

夫婦、親子でのコミュニケーション

における基本テクニックであり、非常に重要な習慣である。

 これが出来るか出来ないかで、

幸せなビジネスマン人生、幸せな家庭が作れるかどうか

が決まると言っていいだろう。

 私は心理学については詳しくないが、経験的に、人は

「相手に屈服させられて動きたくない」

 という気持ちを持っている。

 トーマス・ゴードンは

「勝ち負けという形にしてはいけない」

と言っている。

 例えば、ちいさな話だが、

子供に「○○やりなさい」と言っても、子供は言われてすぐには動きたくないし

旦那は妻から「風呂掃除やって」と言われると、すぐにはやりたくないのだ。

 そこで、「なんで今すぐやれないの!」と言われても、

屈服させられてやるのはいやだ と思うのだ。 後で、自発的にやりたいのだ。

「相手を負かすしたい」「自分の力でギャフンと言わしたい」

 という気持ちは、ビジネスの交渉や親子、夫婦のコミュニケーションを壊す。

交渉する側は、そういった自分の欲求を抑えることが重要だ。

 これは、あらゆるコミュニケーションの基本である。

 昔の人はこれを「武士の情け」「逃げ道を用意する」と言った。

 相手が明らかに悪い場合には、

「相手のプライドを守る」

「相手が自発的にやったように見せてあげる」

「相手が圧力や交渉に負けたように見せない」

 ことによって結果的に目的を達成することが重要だ。

 自分の「あいてをやり込めたい」「ギャフンと言わせたい」と言う欲求を優先するのか、「目的の達成」を優先するのかを良く考えて動くべきだ。

 ビジネス世界や、子供とのコミュニケーションでは、まず、

「相手に、こちら側が納得しそうな選択肢をいくつか用意してもらい。それを叩き台として話し合う」

 という方法もある。

いずれにしても、

「相手のプライドを守る」「相手を負かさない」

というのは、仕事でも友達や家族でのコミュニケーションでも、最も重要なことである。

 私もこの重要なことを忘れてしまうことがある。 なかなか難しいのだ。

 政府や家族会のみなさんも、この金賢姫元さんから提示された重要なメッセージの意味するところをしっかり念頭において、目的達成に向けて活動してほしいと思う。

ビジネススキル関連記事 → ビジネススキル http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/cat3829474/index.html

Comment(1)

コメント

sage

12:14 - 12:24 インターネットカフェ(デルガマダス)

コメントを投稿する