オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

現代は「新しい発見やビジネスチャンスは少ない」のか?

»

「お父さんの時代と違って、新しく会社作ったり、新しいことを発見するのは難しいんだよ。今わ」

 日曜日に娘とカフェに来て勉強や仕事をしていると、となりの席の20代と思われる大人の男性が主張していた。 話している相手は両親と思われる白髪の50歳代ぐらいの夫婦であった。

 仕事に集中したかったが、ついつい聞こえてしまう。どうも大学を続ける意味と就職について話しているようだ。

「発明なんて出尽くして応用するぐらいしかないし、、、、宇宙だってお父さんの時代に月着陸したっきりで、新幹線、、、、小説だってストーリーの焼き直しが多いし、音楽なんかあれだけの音符の組合せだから本当に新しい曲なんかでないでしょ」

 途中から聞いたので話の脈略がわからないが、なるほど、と思わされる部分もある。

 父親と思われる男性が、学生時代は難しくても企業で経験を積んで起業している人も沢山いるから、ちゃんと大学出て働きながら考えればどうかと言ったが。

「ソニーとかホンダのような会社はお父さんの時代に生まれた後、

出てきてないでしょ? 、、、今の時代に会社作るのはリスクが大きすぎるんだよ。そういう会社に入るのも大変だし、入っても直ぐにリストラされちゃうし、、、年金だって納めるばかりでもらえないんだよ」

 その後も現状を悲観的にとらえる青年と初老の男性との会話は続けられた。 結局最後まで、大学をやめてパートしながら財テクで大きなお金を得るチャンスを掴みたい青年と、大学をちゃんと出て、企業に入って欲しい父との会話は平行線だった。

<発明や起業のチャンスは増えている> 

 本当に新しい発見や起業のチャンスは少ないのだろうか? 新しい発見という意味では30年前より日本の特許件数もノーベル賞受賞者も増えている。 日本人というとらえ方をすれば、ビジネス、スポーツなどで成功している人も増えているし、若者が減っていることを考えれば、若者の活躍の場は増えているのではないだろうか?新規上場企業も明らかに30年前より多い。 私たちの頃は規制も多く、財閥系グループと取引しないと成り立たなかったが、今の方があきらかに自由でチャンスが多いと感じる。

<ITサービス、メディア分野は最大のチャンス>

 確かに製造業でのチャンスは減ったかもしれない。今、最も大きなチャンスはやはりITとメディア(広告)ではないだろうか。 インターネットを利用して様々な情報、技術を、新しいアイディア、ビジネスモデルで提供することで製造業に比べれば格段に簡単に起業し、大きなチャンスを掴むことが出来る。

 また、物理的に物を作らないので環境に対しての悪影響は製造業より少ない。

 この若者は特別なのかもしれないが、同様の閉塞感を持っている若者は多いのかもしれない。 ぜひ、ITとメディアの分野で日本発の新しいサービスを提供し、世界へ羽ばたいて欲しい。 そのためにも大学と企業内でしっかりと経験を積んで欲しいものだ。

Comment(13)

コメント

こんにちは
臨場感あるエントリですねー(笑
表題の問いについては、私も「そんなことはない」と思っていますが、一方ですぐにでも思い浮かんだ財テクへの道を突っ走りたいというその青年さんの気持ちもわかりますね。意外にその分岐点って紙一重みたいな気がします。
挑戦して「失敗しないとわからない」、だから失敗させてよ、でももしかしたら成功するかも知れないんだし、みたいな根拠薄~い、でも発起した衝動が抑えられないーみたいな・・・
自身、なんでコンサルタントの道選んだのか、当時の経緯はまさに超、安直、周囲の流れに全く逆らわず流されてしまえ~、なるように成ってしまえ~、でしたので・・・爆

4e

恐らく彼の言う財テクはデイトレード系のものだと推測して、それだって広義では既存の金融証券業界に当てはまりますが、昨今のITなくしては成り立たず、新たに興った業種、発明された商品であると思います。
「人は自身の見たいものだけを見る」=「新しいものは常に在る、それを見極められるか否か」自戒を込めて。

トラパパさん
 財テクに関しては、私も気持ちが理解できます。 私には向かないのでやりませんが。
>「失敗しないとわからない」、だから失敗させてよ、
 自分で考えて、失敗して、自分の失敗として受け止めて学習していくことはとても重要だと思います。
 でも、私の気持ちとしては、「大学を卒業して、一度就職してから、、、」と思ってしまいます。
 娘が来月から大学に行くのですが、お金も(彼女の)時間も、能力もフルに使って大学にはいったのに、卒業せずにやめられたら、とてもショックです。 大きな夢があって、その実現のためというのであれば納得できるんですが。 財テクのために大学やめると娘が言ったら、やっぱり反対するでしょう。
>自身、なんでコンサルタントの道選んだのか、
私もそうです。 いや、もっと意思がありました。 カッコよさそうで、女性が多いところで働きたいという高尚な意思が。(笑)
コメントありがとうございました。

4eさん
>「人は自身の見たいものだけを見る」=「新しいものは常に在る、それを見極められるか否か」
これはいい言葉ですね。 私もこれを忘れずに新たなチャレンジ対象を見つけていきたいと思います。

たろ

私たちに必要なのは、チャンスをチャンスと見つけられる力とそれをただしくチャンスだと伝えられる力だと思います。
それができるといいよなあーと。

たろさん
 チャンスを見つけられ、伝えられる、
 これ重要ですね。
 あと、自分が出来ることとして、チャンスが来たときに備えて、チャンスをものに出来るだけの能力を鍛えておきたいと思います。

NDOMINO-S

けんじろうさん、起業の成功例は1/1500のようですよ・・・・・・。

Amazon.co.jp: 起業バカ (ペーパーバックス) 渡辺 仁 本
http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%B7%E6%A5%AD%E3%83%90%E3%82%AB-%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E4%BB%81/dp/4334933564

こういったことでよく思うのは成功例の情報しか表に出てこないことが多いので、それに踊らされて「軽い気持ち」でやりたがる人が多いのではないか?ってことです。大学中退&財テクやるにしろ起業するにしろ、まず自分が「凡人」か「(何かの分野の)才人」かどうか知るべきで、それから「覚悟」ですよね。

NDOMINO-Sさん
コメントありがとうございます。
>踊らされて「軽い気持ち」でやりたがる人が多い
私もそう思います。 チャレンジは重要ですが、現状から逃げるためにやるのではなく、よく考え、最低限必要な経験は積むべきではないかと思います。

若いのにそんな悲観的なのは残念ですよね。

本当に単にインプットの情報量が少ないだけだすよね。海外の雑誌とかブログを見ているとイノベーション、クリエイティビティーがものすごいですけどね。

インプットが少ない人はそうやって悲観的になり結局何もしないで終わるでしょうが、本当にもったいない。

イムランさん
 若い頃は大きく悲観したり、大きく夢を持つ時期なのかもしれません。
 イムランさんの言うとおり、見識を広げられるチャンスが提供できれば変ってくるのでしょう。
 イムランさんのホームページみさせていただきましたが、貴社のような会社が、どんどんチャンスを提供してほしいと思います。
 コメントありがとうございました。

今日(4月4日)のピックアップエントリー、私のが「ユエンナキバラハンドッ」でけんじろうさんのが、こんな恰好良いブログなの?って事は抜きにして(涙)。
私の母は、某IBMに入社が決まったとき、「国家公務員になりなさい。IBMって、その会社つぶれないの?」と本気で心配してくれました。
時代によって、どんな仕事をするのが最適なのか、というのは変化するものなのですね。だから、いま大企業に入ることが一番安全、幸せになれると思っていても、あと 10 年もしたら、変化するでしょうね。だから、自分が納得する事をするしかないのだと思います。でも、

「お父さんの時代と違って、新しく会社作ったり、新しいことを発見するのは難しいんだよ。今わ」

まあ、これは認識が甘すぎ、視野が狭すぎますね。そう思っている人はそのまま消えていくのでしょうね。救う必要はないと思いますが・・・。ちょっと過激ですか?

失礼します。       

 「ビジネスを活***************」のご案内  
          ご笑覧ください。 
      http://www4.ocn.ne.jp******************

あだちさん
 コメントでの広告はご遠慮いただいております。
コメントを一部修正させていただきました。
申し訳ございません。

コメントを投稿する