オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「企業内SNS・ブログ成功のための失敗と改善の繰り返し」そのものが企業文化とチームワークを創り上げる

»

 様々な企業のSNS推進リーダーと話をするなかで、気づいたことがある。

ベンダーのWebサイトから発信されているような成功事例が極めて少ないことだ。 

・なぜうまくいかないのか? これはこれでうまくいっているのではないか?

・そもそも、何のためにはじめたのか? 目標設定が悪いのか?

・根本的な問題は何なのか? どんな機能が不足しているのか?

・リーダーが悪いのか? 情報にインセンティブをつけるべきか?

・成功している企業は、なぜ、うまくいっているのか?

 様々な疑問を持ち、私からもあらゆる情報を得ようと質問してくる。

 推進リーダーたちは悩み、工夫し、調べ、様々人と話し合ってアイディアを出しながら実行していくが、なかなか思ったとおりの成果が出ないのである。

 各部門から選出された推進リーダーたちは、SNSのコミュニティと定期的な意見交換会を通じて、ゴールの見えない永遠の課題に向かって、筋道を作るための様々なチャレンジしている。

<SNS導入の本当の効果>

 そんな中、推進リーダー数名と食事をしながら会話している時に面白い光景を目にした。

「彼は最近、ちゃんと定例会に出てこないんですよー。 SNS成功のために、若者たちと飲まなくちゃいけないから、とかなんとか言っちゃって。 で、飲み会の報告を自分のブログに書いて、やった気になっているんです」

「君だって、聞きかじった営業管理部門の4Sとやらにはまってて、たまに定例会出てきても、そっちの話ばかりじゃないか」

「おまえなんんか、社長から”ちょっとSNSの状況教えてよ”とか”こんなことやれない?”なんていわれちゃって、ちやほやされて喜んでるし」

「そんなこと言ってるけど、彼は、自分の部だけで夕方に勉強会はじめちゃって、俺の部の若いやつに講師させてるじゃないか。 実は、あいつ必死で勉強してるんだよ。大変なんだから」

「この活動やっていると、現在の問題点とアイディアがどんどん出てくるので、SNS推進なんて後回しになっちゃうんですよ。 うちは問題が多いから」

 皆、このSNS推進の定例会そっちのけで、それぞれが本業の改革に追われているというのである。 もう、定例会をやめたらどうか?と意地悪な質問をしてみた。答えは、

・SNS以外のいろんな活動のきっかもがこの推進グループの定例会だし

・SNSには関係ないこともこの定例会で相談して役立っている

・社長も数字の話の時の顔と、この推進グループの報告の時の顔はぜんぜん違う

・単に集まって飲み会したいだけかもしれない

だった。 だから継続するそうだ。

 もう一つ「以前から、こんな風に話しあたり、社長や社員と話したり、改善活動をやっていたんですか?」と質問した。 答えはもちろん「NO」。

 今回の会話で、私も彼らも初めて気がついたのだが、少なくともこの会社では

「企業内SNS成功のための失敗と改善の繰り返し、それそのものが自由闊達で風通しの良い企業文化とチームワークを創り上げ、Innovativeな企業に成長させている」

のである。 これは企業内SNSの最大の効果ではないだろうか。

 私は、SNS導入前に利用してもらった、効果サーベイを再度行ってみることを提案した。 本人たちは気がついていないかもしれないが、間違いなく効果が出ているだろう。 経営者層に対して自信を持ってROIを報告できるはずだ。

→「けんじろうとコラボろう」の関連記事

Comment(6)

コメント

素晴らしいエントリーですね。
私のブログでも引用させていただくかもしれません。
またゆっくりエントリーを書いてTBさせていただきます。
 (いつも口だけに終わらないように。。。)

小野さん
 ありがとうございます。 関連投稿とトラックバックをお待ちしております。

NDOMINO-S

こういう話題ってノーツのR4,R5のころ「Knowledge Management」って言葉で議論されませんでしたっけ?
ノーツ&グループウェアという切り口で「情報共有で業務改善だ」と同じよう議論がされていたと記憶しています。

ASCII.jp - アスキー デジタル用語辞典 - ナレッジマネージメント
http://yougo.ascii24.com/gh/77/007791.html

「Notesで情報収集した、さあ次の段階だどう活用するか?」って段階でツールの方はポータルがもてはやされる
時代になって、それからあれよあれよよいう間にベンダー側はどこもかしこも「WebだWebだ」という時代になって、ブログだ
SNSだと「また最初から情報収集する段階」の話に戻っているような気がします。

ツール導入が機会でユーザ各社の問題点が洗い出されるまではいいんです。
成功事例が極めて少ないのは、どこも、その問題点が徹底追及されその結果がツール自体のアプリケーションとしてフィードバックされる段階まで行かないのではないのでしょうか?

問題点を中途半端に放置して徹底追及しないユーザ企業自体も問題ですけど、ベンダー側もユーザ企業に買ってもらった製品の徹底活用を指導・啓蒙しませんし(お客さんですからねえ)、それどころか全然別コンセプトの製品薦めたりするので(ビジネスですしねえ)

ブログ・SNSでも10年先ぐらいの期間で見れば過去のノーツでのKnowledge同様、大多数のユーザ企業がまた中途半端で終わっているのではないかなあと思います・・・・・。

(オチ).
こりゃコラボレーション・ナレッジの分野でも、環境保護活動で言われているような「MOTTAINAI運動」でも必要かと・・・・。

MOTTAINAI もったいない モッタイナイ
http://www.mottainai.info/

「(せっかく集めたおたくの企業の情報資産)MOTTAINAI、MOTTAINAI」って・・・・・。

NDOMINO-Sさん
 そう。Notesの4.6、R5あたりで盛んにやりましたね。KM。
 KMにSNSが使えるのではないかとの話が最近出てきてて、その中で再度Notesの役割が見直されることも増えてきています。 SNSがいいかNotesがいいかではなく、それぞれの役割という観点で。 
 Notesユーザーとそれ以外では、「共有」の文化が出来ているかどうかの観点で、レベルが大きく違っています。
 SNSをきっかけとして、これらの議論が再度行われるのはとてもいいことだと思います。
 コメントありがとうございます。

klaian

身体トレーニング器具を用いてトレーニングしてみたら身体の歪みに気付いて、どこから整体しようか考えているところ、といった感じがしました。

そういった気付きをもたらすツールとしてもSNS,Blogは有効なのだなあ、と気付かせて頂きました。

klaian-san
 組織を人間の体に例えることが多くありますが、まさにそうでしょうね。 ブログの一つ一つが神経細胞の一つ一つであるとも言えるでしょう。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する