オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「マネージャーの原則」 え!なぜ?こんなところに大里 真理子さんの名前が!?

»

 週末に昨年の夏(?)に買った「ハーバード流マネジメント」を読み返した。

この本は、一昨年前に英語の勉強のために買ったD. Quinn Millsの"Principles of Management"の日本語版であり、「人生論(カーネギー)」や「ビジョナリー・カンパニー 2 」、マキアヴェッリ語録 、「坂の上の雲 」などの歴史小説、「イノベーションのジレンマ」など、私のバイブル的ライブラリー(本棚の目線の段に並んでいるもの)に昨年加わったものである。

 書店には、部下との関係(リーダーシップと育成)にフォーカスした本があふれているが、この本は、マネージャーの仕事とリーダーシップが広く網羅されており、マネージャーになったばかりの人やマネジメントを長くやっていたが、自分の行動をもう一度見つめなおしたい人が「きっかけ、気づき」を得るのに最良の本だと思っている。

 土曜日の午前中に私が理事長を行っているマンションの管理組合の理事会と大規模修繕委員会があり、そこで委員会と理事会の活動方針、運営の改革案を提案したが、一部の理事から反対があったことから、原点に返り、信念を持った運営を行うために読み返したものだ。

 私は、これらの本を、歴史小説を除き、最初から最後まで順番に読んだことはなく、気になる章だけ読んでいるが、この本も歯抜けにしか読んでいない。

 今回も「それは、エンパワーメントではない」のページだけを見ていたが、納得できず、誰が翻訳しているのだろうと前に戻ると、監訳者まえがきに「アークコミュニケーションズ 代表取締役社長 大里 真理子」の名前が。 

 え?アーク、、真理子? まさか?(なんでまさかだ?)。 ブロガー・ミーティングで飲んだときに交換した名刺を出すと、確かにある。 名刺の裏には私のメモ ”6/7ブロガー。可愛いが意思は強そう。元IBM。駆ける。Webは海野さん”と書いてる。 間違いない。

 私のバイブルの一つに真理子さんが関わっていたとは驚いた。 ついでに『企業ブログ戦略』の翻訳にも真理子さんの名前があった。

to 真理子さん。 そんな凄い方だとは気がつかず失礼しました。 2時間の立ち読みして買わなかった「ハーバード流リーダーシップ」買って読みたいと思います。m(__)m

Comment(4)

コメント

吉田さん
可愛い・・・ありがとうございます(*^_^*)
意思は強そう・・・気が強そうと書かれていなくてよかった(笑)でも、意思は弱く、3日坊主派です^^;
3部作の中では、リーダーシップ入門が個人的には一番のおススメです。

マリコさん
 コメントありがとうございます。 英語にそんなに強いとは知りませんでした。 リーダーシップ入門もしっかり読ませていただきます。 こちらのブログで書評書きますね。

大内 勲

マネージャーの原則ですね。健次郎さんとわたしが持っている本の内容は似ていますね。坂の上の雲などは何回読み返したことか。

若いとき目にした経営の10大原理が忘れられませんね。
1行動する前に考えよ。 金は君のものではない。
2自分が間違っていることを証明しようと努力する経営者は
 皆無である。私の追記 リストラに自分を入れる経営者は
 皆無である 
3すべてよい経営は、ある偉大なアイデアの表現に過ぎない
4どんなに水準が高くとも、経営能力は常に組織のニーズに は及ばないものである。
5経営者には、その企業の任にたえられるか、たえられない
 か(首にする)の2つしかない。
6入り銭は出銭を越さねばならない。
7ある行動を正当化するため高度な計算が必要だとしたら、
 多分それは正しくない行動である。
8間違ったことに手をつけるとやり方もまずくなる。
9不可能なことを試みれば、必ず失敗する。
10一番やさしい設け方は、無駄な出費をやめること。

というものですね。

大内さん
 社員の能力開発に明るい大内さんからコメントいただけるとは光栄です。
 「坂の上の雲」は、何か壁にぶち当たったときなどの自己啓発に最良の本だと思っています。 来年のNHKの大河ドラマになるのが待ちきれません。
 この10個をどこで見たか思い出せませんでしたが、1は”金と部下は”に変え、4は”組織のニーズには及ばないが、フォーカスしたお客様のにニーズは満足させられる”とアレンジして私の手帳にメモしてありました。
 これからも、コメントいただければ、幸いです。
ありがとうございました。

コメントを投稿する