オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「コミュニティを勝手に作らせるな」が成功の秘訣 -企業内ブログ/SNS

»

 以前の投稿した「Enterprise2.0(企業内ブログ)成功例--情報の4S<整理編>」のお客様の推進リーダー(取締役)にSNS成功の秘訣を聞いた。

 社内向けに提供している「15か条の御誓文」に成功の秘訣が隠されているそうだ。

 全てを紹介したいところだが、本ブログへの記載を許された7つのうち、コミュニティ関連の第1条、2条を、まず紹介する。(私のメモと記憶の範囲での記載だが)

1.コミュニティ(クローズド)の作成

 部門やオフィシャルなコミュニティ(委員会、会社のクラブ、プロジェクト、顧客単位のチーム)以外は原則作らせいない。 許可条件は、

・定期的なオフサイト・オフラインMeeting活動が含まれていること(遠隔地の社員も含め例外なし)。

・業務改善、社員の精神的な支援を目的とし、明確な数値目標(参加者の満足度、プロセススピード改善係数など)を設定し、達成できない場合は自発的に閉鎖すること。

・自分の部門および、自分の部門と直接利害関係のある部門の社員のみを対象とする。

・コミュニティオーナーは年に2回のコミュニティ議長研修に参加し、コミュニティの健全な運営能力を維持・向上すること。

・自分がオーナーとなるコミュニティの作成は二つまで。

2.コミュニティへの参加

・クローズド・コミュニティへの参加は承認不要で、誰での参加可能。

・コミュニティへの参加は一人3つまで。

・参加可能なコミュニティはコミュニティオーナーが直接利害関係のある部門の社員であること。

 (後略)

なお、この推進者は、4つの信念を持っている。

その内のコミュニティ関係の二つは、

「秩序と規律、そして、目標があってこそ自由に楽しいく、遣り甲斐を感じるコミュニティが出来る」

「業績や自分の成長に役立つコミュニティしか社員は楽しまない。長続きしない」

の信念を持っている。

 ちなみに、オープンなコミュニティの開設には、制限がないが、投稿、閲覧は午後4時以降(製品の機能としての制限はかけられていない)に限られている。

 全てを書くと一冊の本が出来るほどのもので、書ききれないが、IT企業ではなく一般的な企業のSNS、企業内ブログ活用としては非常に良く考えられていると感じた。

 5条以降は、ブログに関するものだが、これは次回ご紹介したい。

 また、15箇条のそれぞれに関して、背景、経緯が記載されていた。どのような背景、経緯があったのかを知ると、より、皆さんも懐に落ちると思うので、これも時間がある時に紹介する。

続き→「ブログは10行以内で書け! 必ず毎日書け!」企業内ブログで業務改善

Comment(15)

コメント

商魂

なんだか、すごく規制が厳しくて、自由なコミュニケーションの発想にあわないと思います。
誰もが好きな時間に自由にコミュニケーションとれることで、自由な企業風土が作れるのではないかと思います。
ブログ、SNSの使い方としては間違っているように思います。

SN

某企業(1万人レベル)にて社内SNSを運営しています。

社内コミュニケーションの形態・向き不向きは、個々の企業によって大きく違います。ご自身の企業についてはご自身が一番ご存知でしょうし、うまくいく方法もご存知でしょうけども、それが他企業で通用するかどうかはまったく別の話だと思っています。

自企業のポリシーを、あたかも普遍的な手法であるかのように断言することは極めて不遜な印象を受けます。

「15か条」とやらをすべて見てみないことには判断はできかねますが、上記のポリシーでは、少なくとも「イノベーション」が起こりそうな雰囲気にはならないような気はします。

まぁ、もともとの目的が「4S」らしいので、仕方のないところなのでしょうが、SNSである必要性すら皆無であると感じました。

商魂さん
確かに規制が厳しすぎるように私も最初は感じました。
また、次回コミュニケーションとったときに聞いてみたいと思いますが、今、聞いている範囲だと。
・大手ITベンダーと同じ発想では成功しない
・当初は自由に使わせていたが、効果が出なかった
・自己管理が出来ていない社員が多く、本業そっちのけで、ブログを使うという一部の人の癖をとるためには必要だった
・オフィスの効率化と個人の自立、個人のパフォーマンスアップ、改善活動を優先して、ツールを選択したが、それがたまたま、SNSとブログだった。(だからWeb2.0先進事例にしないでくれと言っていたのだろう)
・改革文化や新しい発想は、単にブログ、SNSを自由に使わせるだけでは生まれない
 ここでコメントいただいた内容をフィードバックして、背景や効果などを聞き出して、また、このブログに書きたいと思いますので、継続的にコメントお願いします。

SNさん
 多分、1万人レベルの社内SNSと中小企業では事情が違うのだと思います。 リテラシーが低いのではなく、リテラシーのばらつきが、大企業より大きいと言っていました。
>他企業で通用するかどうかはまったく別の話
そう思います。 どんな事例も他の企業で適用できるかどうかは別の話だと思います。
 NTTやNEC、富士通などの成功例などが、どこでも適用できる良い例として出てきていますが、IT企業以外やましてや中小の製造業に適用できるものではありません。
 私としてはコミュニティ中心の成功例(主に大企業)などは、沢山ありますので、中小企業での成功例(具体的な成功例が非常に少ないです)にフォーカスして、いろいろなパターンを取り上げていきたいと思います。
 今後もご意見いただけましたら幸いです。

吉田さん
林です。
先日のミーティングではどうもお世話様でした。
IT企業なのであまり参考にならないかもしれませんが、うちの会社の事例をこっそりと共有します。
今社内SNSに登録しているのは約3,500名で社員の比率的に見ると非常に高いといえます。
コミュニティの数はどうかというと、350以上あるので、みんなが勝手きままにつくっていて、特にポリシーがあるわけではありません。
書き込みはそこそこです。
うちの会社の場合は、自主性に任せていたほうが回るかなあという感じです。
ただ、社員のKnow Who機能を充実させ、もう少し業務に結びついても良いかとは感じています。
それからコミュニティの内訳が、まじめ系(社内の業務に関わるもの)が2割程度で、あとは趣味・お遊び系です。
規制をいれるともう少し業務に関わるコミュニティが増えるかと思いますが、その舵取りは難しいかと思っています。

林さん
 お待ちしておりました! 貴重な情報とコメントありがとうございます。
 3500人で350のコミュニティというと10人に一つとう単純計算になりますね。 もともとの目的が業務改善ではなくコミュニケーションということであれば、趣味関係が8割というのは、いいバランスなのではないでしょうか。
 このお客様との違いは、自己管理が出来ていない人(集中時間を自らつくれず、つい、コミュニティをだらだら見てしまうような)が少なく、リテラシーも高いので、SNSやブログの効果は出やすいでしょうね。
 来月末にでも、IBM社内の取り組みを投稿します。

林さん
 お待ちしておりました! 貴重な情報とコメントありがとうございます。
 3500人で350のコミュニティというと10人に一つとう単純計算になりますね。 もともとの目的が業務改善ではなくコミュニケーションということであれば、趣味関係が8割というのは、いいバランスなのではないでしょうか。
 このお客様との違いは、自己管理が出来ていない人(集中時間を自らつくれず、つい、コミュニティをだらだら見てしまうような)が少なく、リテラシーも高いので、SNSやブログの効果は出やすいでしょうね。
 来月末にでも、IBM社内の取り組みを投稿します。

吉田賢治郎さん
奥田です
イントラブログ/SNSは統治下に置くべきか?というタイトルでブログ上げさせていもらいました。
一言で言うと、自由闊達に社員に利用してもらうために、統治下に置くという考え方です。ガバナンス側にとっては、社員が仕事をしやすくなってナンボの世界です。また、社員の考えの及ばないところは、誰かが仮説を立てて場やツールの提供をしてみるという考えでもあります。ちょうど考えていたことでしたのでまとめるいい機会になりました。ありがとうございます。

コストセンターのツールとしては妥当な運用ポリシーだと感じました。
逆に、プロフィットやその継続性担保につながる可能性は限りなく低いんじゃないのかなと。^^;

フォリ男

昔「社内システムは全部Webブラウザベースにするべきだ、クラ・サバは邪道だ」と言っていた時代がありました。
しかし、先進的なツールを作った側の論理で、先進の「論理」で使うのが必ずしも良いわけではなく、うまく自分の企業になじむように利用していくことが大切だと思っています。
そういう意味では、非常に重要な成功のためのコツが満載だと思います。
SNSをイノベーションの道具と位置づけて、実際に企業を変革した事例が、明確にはなく、論理と理想だけでこの事例がおかしいという意見には違和感を覚えます。
 ただ、けんじろうさんのこの投稿に不足しているのは「どのような効果があったのか」をまだ?書いていないことでしょう。 なぜ、これを成功事例だと考えたのかを、後日投稿いただけないでしょうか。

奥田さん
 コメントとコラボった投稿ありがとうございます。まだ、しっかり読めていないのですが、別途、コメントさせていただきます。 こういった議論を今後も行って、実際にお客様に適用しながら、有効な利用方法を提案していきたいと思います。

課長007さん
 確かにコストセンターの感覚が強いかもしれませんね。 出発点がオフィスワークの4Sだったことも影響しているように思います。
 時々、ブログにお邪魔していますので、今後も面白い記事を期待してます。
 ありがとうございました。

フォリ男さん
>けんじろうさんのこの投稿に不足しているのは
>「どのような効果があったのか」をまだ?書いていないこと

 鋭いご指摘ありがとうございます。 どのような効果があったのか、なぜ、私が成功事例と思ったのかについて、後日、投稿いたします。

けんじろうさん、様々な意見が出てますね!”勝手に作らせるな”と言うタイトルがよりいっそう厳しい感じを出してしまうようですね!ブログもそうですが、ネットで個人が広めて来たプロダクトを企業に使って見たら、意外と上手くいったので広まったと乱暴な意見ですが思います。SNSもそうです。それだからと、言うわけではないですが、参加も単に自分の利害関係でするのではなく自由が良いと思います。どんな事でも色々と感じ取れる感性を持てば、多くのコミュニティで自分を磨き、そして皆に役立つ知識をシェアできるのではないでしょうか?どうしても何とか理論とかより、肌で感じる方を優先しちゃうんですよ。

丸山さん
>勝手に作らせるな”と言うタイトルがよりいっそう厳しい感じ
 そうですね。でも、この責任者はお宅とリテラシーの低い人の間で苦しみ、結果として「勝手に作らせるな」という指示を出して、この「ご誓文」と呼ばれるものをスタッフに作らせ、結果、非常にコミュニケーションがよくなっています。
>ネットで個人が広めて来たプロダクトを企業に使って
>見たら、意外と上手くいったので広まった。
 中小企業の例では私が聞く限り「流行だから導入してみたが、うまく行かない。やめようと思っている」の方が多いのです。今回のようなガバナンスを聞かせたものと、既存の自由なものを組み合わせて成功していただければと思っています。
>参加も単に自分の利害関係でするのではなく自由が良いと思います。
 私は、この方の話を聞いて、
・クローズドはガバナンスを聞かせる
・オープンなSNSは自由
というのは、なるほど、と思いました。
企業においては、なにもかも自由だからこそうまく行かないものもあるようです。
>どんな事でも色々と感じ取れる感性を持てば、
>多くのコミュニティで自分を磨き、そして皆に
>役立つ知識をシェアできるのではないでしょうか?
そのような文化が出来ているところは、いいんでしょうね。
ほとんどの方は利用せず。お宅だけが利用するような企業においては、自由とガバナンスのバランスが重要だと思っています。
 この責任者は、いろいろな工夫をして、生かそうとしています。このまま自由にしていれば、社内SNSの存続はなかったでしょう。
 コメントありがとうございます。 実例はいい議論ができますね。 これからも、投稿していきますので、アドバイス、意見、よろしくお願いします。

コメントを投稿する