オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

これは子供向けのリアルなセカンドライフだ

»

Img_0370s_3 息子と近所の子供達を連れて豊洲のららぽーとにある「キッザニア」に行ってきた。 タイトルのような雰囲気を持つ、現実の職業体験場所であった。

 入場料を払うとキッゾというお金が少しだけもらえる。

 三菱自動車、ANA、はとバス、モスバーガー、エプソン、ライオン、警察、救急隊員からマジシャンまで様々な仕事をすることで、最後に手渡しでお金をもらう。 コンピューター関係がなかったのが残念である。  稼いだお金はキッザニア内の三井住友銀行の窓口で預け、街中のATMでおろして使うことが出来る。

Img_0419  さて、息子たちであるがお目当てのANAのパイロットは行列だったため、まず消防署に行った。 整列、掛け声など基本訓練を受け、消防服をたあと街中を消防車にのって火災現場に行き、消火活動(本当に放水をする)をして帰ってきた。

 その後、フジテレビ(だったかな?)で子供達だけでニュースの収録(司会、カメラさん、アナウンサー、お天気姉さん、インタビュアーなどに分かれる)を行う。 緊張しながらもスタジオでの収録を終え、自分たちで作った番組を見て終わる。

 子供達は、なぜか、自分が映っているところを見ない。 息子は「今日のエベレストの気温はマイナス15度」というセリフを、何度も「エレベスト」と言っていることを後から知り頭を抱えていた。

 仕事が終わると息子たちは走って銀行に行き、キャッシュカードを作ってお金を預ける。 うれしそうである。 預けたお金は、次回来たときにも使える。 お金を下ろせば、アクセサリーやソフトクリーム、文房具などを買うことに使える。

 消防署や放送局で子供達に教えるコーチ達は、ほどほどに厳しく、ちゃんと仕事をして苦労してお金を得ることと、それぞれの職業の内容を知ることが出来るのである。  そして、コーチが最後に言うのである「仕事は、一人では出来ないことが良くわかったと思います。 沢山の人が協力し合うことが大切なのです、、、、」。

 とても素晴らしいアミューズメントである。 コンピューター会社のSEとかマーケティングという職業があれば完璧だ。コンピューター産業の将来のためにNEC、日立あたりがスポンサーをしてくれないだろうか?

追伸: キッザニアは、小中学生と小中学生の子供を持つ親だけの特権だ。 高校生の娘たちも行きたがっていますが、残念ながら資格がないのだ。 来月は「ターザニア」に行こう。

*写真は、キッザニアのスタッフに確認の上で掲載しています。

Comment(8)

コメント

foli@

こんにちは^^
ウチの子も今年になって初めてつれてゆきました。
農業、林業などもないんですよね(笑

フォリオ

うちも行きました。 夏休みだからか、ららぽーとの中まで長蛇の列でした。 いざ、はじまったら、あっという間に入れましたが。
 ところで、キッザニアならぬターザニアって何ですか?

foli@さん
 そういえば農林水産がありませんね。 オーナー企業がないとだめなので、これは国がオーナーにならないとだめかもしれませんね。

私の父は現場監督だったため、工事現場内ではわりと自由に裁量を発揮できる立場でした。今やったら怒られるのだと思いますが、小学生の頃に職場参観のような形で工事中の現場事務所の中に入らせてもらったり、というか厳密には父が作った手順書の通りに判子を押すなどの仕事の手伝いをしたことがあります。
父が一旦チェックしたと思われる赤鉛筆チェック入りの領収書や伝票と、エクセルの集計表を突き合わせていく作業など、かなりリアルなキッザニアでした。何かご褒美をもらったように記憶してます。中学・高校の時は父親とも距離を置く年頃ですのでそういうのはなかったのですが、大学になってからはExcelのマクロを直しに行ったり、ISDNを導通させたりとまたお手伝いをするようになりました。
当時は別に何とも思わなかったのですが、思い返してみると恵まれた経験だったと思います。SEだとセキュリティ上、施設に子供を入れるのは厳しいですが、プログラミングくらいなら手ほどきできますね。

吉田 賢治郎

yoheiさん
小さい頃はいい経験が沢山出来ましたよね。寛容というか、適当というか。
私も石油化学プラントや航空自衛隊の基地に入れてもらってました。 どちらもスケールが大きくて驚きましたが、石油プラントはあの巨大な石油タンクとプラントから、ビーズのようなポリプロピレンがぽろぽろできてきたのには驚きました。
そういう経験を得られない今は、キッザニアは重要だと思いますね。
ちなみに、IBMでは、普通に仕事している日に「オープンオフィス」と称して家族がオフィスに入って一日過ごせるイベントがあります。
私の席に来た者が、私の席に座った子供見て「オープンオフィスなんですね。驚いた」なんていう光景も良く見かけます。
あと、ロボットにプログラミングさせるのを小学生にやらせるなんてのもやってますね。
お客様を持っているSEルームに入るのはちょっと問題がありますが、子供達にIT関連に興味を持たせる場を増やしたいと思います。
コメントありがとうございました。

今年の2月(休塾期間)に娘と妻がキッザニアに行っています。ネットで予約するより、旅行代理店でチケットを購入するほうが、意外と良い日取りなどをが購入出来たようです。まさにセカンドライフだと感じましたが、小中学生のみってのがポイントですよね。受験が終わり次第また行きたいと、長女も言っていますし、次女はかなりアートな世界に就職したくなった様子です。所でIBMさんに是非検討して欲しいのは小学校にSameTimeを提供しSameTimeGateWareで各学校をつなげて授業に貢献できないでしょうか?運営とかハードとかも協賛企業さんがいれば楽しいワールドが出来るのかと・・・・!

吉田 賢治郎

丸山さん
 コメントありがとうございます。なるほど、Sametimeですか。 新しくSametimeによるユニファイドコミュニケーションののSaaS会社を買収したので、提案してみようかと思います。

コメントを投稿する