オルタナティブ・ブログ > とあるコンビニオーナーの経営談議 >

社員の時に見ていた店の状況、オーナーになってから見ている店。見ている方角が違うとこんなにも違うコンビニの光と影。お客様とは何にも関係無いところで巻き起こるあれやこれ。(笑

権限移譲に伴う義務と長の責任

»
 「バイトだからって関係ない。働いている以上、金をもらっている以上、社員と代わらない。」時々このような意見を耳にする。特にバイトを多く雇っている当方のような接客サービスをする業種では、よく言われることだ。
 筆者自身も、バイトにそう言って聞かせているが。

 しかし、それって違和感ないですか?

 昨今、バイトの不祥事で、店をたたんだり、それに対する賠償請求をバイトにしたりといったニュースを聞く。
 確かにバイトのやった行為は許されない。バイトをクビになるのもうなづける。商品の買い取りも罰としては妥当なのかもしれない。だけど、店を閉めてその損害をも請求するのは如何なものだろう。

 商品を破損させた損害賠償という罰はあっても、店を閉めるかどうかは、店主もしくは会社が決めたことじゃないのだろうか。
 その発端が不祥事バイトにあったとしても、店を閉めることを決めたのは、会社もしくは、店長である以上、その費用は決めた人が持つべきなのではないだろうか。

 そのように考えたのも、バイトの責任ってなんだろう?そんな疑問からだ。

 コンビニでは、さまざまな業務をバイトに任せています。一般的に権限移譲と言うやつです。レジ打ちも権限移譲の一つです。オーナー店長だけでは、睡眠時間も取れないですからね。オーナー店長の代わりにレジを打つ権限をアルバイトに与えているのが、始まりです。

 さて、この権限移譲ですが、権限を与えられた人は、同時に義務が課せられます。レジ打ちを任されたバイトは、レジをミス無く行なう義務。発注を任されたバイトは、そのカテゴリーの利益効率を上げる義務を課せられます。

 この義務は、責任とは違うと考えてます。

 ですから、バイトが発注を任され売上が落ちても、そこに責任はありません。
 今回で言えば、深夜店番をするという権限を与えられたバイトが、店番という義務を果たさず、アイスケースに入って遊んでいた。ファミレスで調理をするという権限を移譲されたバイトが、調理をする義務を果たさず、食材で遊んでいた。
 だから、義務を果たせない以上、バイトをするという権限を剥奪する。ココまでだったら、納得がいく。
 しかし、権限を剥奪するだけではなく、店を閉店する費用まで請求される。ココは合点のいかないところだ。与えられた権限には、店の開け閉めも含まれていたのだろうか?そうではない以上、閉店に伴う費用云々はバイトにとって関係のないことだ。
 義務と責任、これを履き違えた人が、今回、バイトに閉店の倍賞を求めるなどということをしているのではないだろうか。

 責任は"長"が取るべきだ。だからこそ、日常において、"長"の言う事に重みが増すのだ。
All About News Dig
コチラでは専門家&ツウが書く話題ニュースの持論が読めます。
及ばずながら私、川乃もりやも参加中です!是非御覧ください!!
川乃もりやの最新記事】
Comment(7)

コメント

あつし

うーん、バイトの行動によってお店に、あるいは企業に与えた実質的な損害の賠償責任、社会的責任は今回のケースでは、バイト本人に問われても良いのではないか?と私は考えたりします。
というか、損害賠償を請求される場合もある、という事実が、今後の抑止力になるのでは、という期待もあります。

教育ができていなかった、そういう資質の人間をバイトに雇ってしまった経営者にももちろん責任はあると思いますが。

バイトはクビになったら無罪放免、というのは一連のケースには軽すぎる気が私はします。

義務と責任、という範囲、のことで考えればもりやさんの言うとおりだと思います。

あつしさんコメントありがとうございます。
確かに悩ましいところではありますね。今回、疑問に感じたのは、バイトの処分と閉店を同一に考えている人が多いなぁ。ってところなんです。
バイトの処分は他にも厳しくする方法はあると思います。例えば、労基署を通しての解雇処分。これは、完全に経歴に残ります。かなり重いと考えていいと思います。
でも、閉店はバイトの行動とは関連性を感じられないと言うか(気持ちは分かるのですが)、閉店を決めた経緯を勝手に想像すると、本部側や本社が「ココで閉めときゃ、顧客(ネット)の受けもいいかな。別に1店位閉めて経営に関係ないし」ってな感じで閉めたように思えてならないんですよ。それなのに、バイトに損害賠償を求めている。そこが気に入らないんです。
そんな考えが元になり、冷静に考えたところ、本文の義務と責任の違いに至ったわけです。
まぁ私の勝手な憶測なんですがねぇ^^;

あつしさんの言わんとしていることは、私も随分悩みました。もし、自身の店で不祥事が起きたらと考えると、文中に書いているほど冷静になれるか分かりません^^;

けい

なんか、「他人」の「もの」を壊したら弁償するという、ごく単純な話をぐだぐたとむつかしく考えていますね。
その考えで行くと、客がアイスケースに入った時はケースの入れ替え費用は店の持ち出しで泣き寝入りです。おかしくないですか?
ついでに言うと、労働基準監督署は解雇処分をしてくれないはず。

けいさんコメントありがとうございます・
何をむかついてるのか知りませんが、私は壊したものを弁償しなくていいなんて書いておりません。ついでに言うと労働基準監督署に解雇処分をしろとも書いておりません。

あつし

なるほど・・・・!もりやさんの今回の記事を書くに至った、思考の背景、が良く理解できました。
私はコンビニ経営をはじめようかと今まさに思案中でして、もりやさんの書かれていることはとても参考になります。ネットではさまざまな情報が(圧倒的にネガティブなことが多いですが)あふれています。またコンビニ会計、見切り販売のことなど、「ちょっと本部は、儲け取りすぎとちゃうんかいな?」と感じる部分もあります。
実際にコンビニ経営者に会って話を聞いたり、色んなことを冷静に判断しながら進めていこうと思ってます。

あつしさんありがとうございます。
加盟をお考えなんですね、がんばって下さい。これからも加盟を考えている人の参考になれるようなブログを頑張って書いていきます。ありがとうございます。

けい

煽り調の文章に耐性が無いんですね。怒ってもないしむかついても無いですが、こういう文章を書く性分なのであしからず。
「労働基準監督署に解雇処分をしろとも書いておりません」といわれていますが、「例えば、労基署を通しての解雇処分。これは、完全に経歴に残ります」この文章と矛盾しません?
まぁ、矛盾はどうでもいいです。労働関係法規についてはちょっとかじっただけの素人ですが、解雇に関して労基署がしてくれるのは解雇予告除外の認定程度で、「労基署を通しての解雇処分」などという制度は無いようです。さらに「経歴に残る」もあいまいな書き方ですが、懲戒解雇自体は民事なので公的な書類には載らないようです。もちろん、解雇予告除外申請をすれば労基署の書類に残るし、犯罪があって警察の介入があればそれなりの書類に残りますがね。
長々と書いたけど、この程度のこと「こいつは何でこんなこと書くんだ?」と思ってちょこっと検索でもすれば15分で解決することなんだけどね。まぁいいです。

コメントを投稿する