オルタナティブ・ブログ > とあるコンビニオーナーの経営談議 >

社員の時に見ていた店の状況、オーナーになってから見ている店。見ている方角が違うとこんなにも違うコンビニの光と影。お客様とは何にも関係無いところで巻き起こるあれやこれ。(笑

コンビニ加盟店は本部の労働者か?

»

 こんなニュースが流れた。

 「店主は労働者」岡山判断に不服 セブン側が再審査申し立て
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014040323444989/

 フランチャイズ契約をしているコンビニ店主は、フランチャイズ本部の労働者であり、団体交渉拒否を「不当労働行為」と、認定したとのことだ。
 当然ながら本部側は不服申立てをしている。

 これは、行方を見守りたい興味深いニュースだ。

 本誌側で少しコメントしたが(コンビニで展開されるキャンペーンが、つまらない理由)、コンビニオーナーが「労働者」と考えてしまういくつかの環境がある。
 一番の理由は、店の運営に必要な事柄がすべて本部に委ねられていることだ。
 商品の品揃え、価格設定、キャンペーンの企画から手配と。
 店で独自にやるとしたら、陳列を工夫したり、小さなオリジナルPOPを加えるくらいだ。
 人員不足の店ではそんな余裕もなく、やることは本部から言われたことだけだろう。そんな環境下にいたら「労働者」と考えるのも無理はない。
 オマケに、何を勘違いしたのか、本部社員の中には、店は自分達の手先だと考えている連中もいる。
 いつだか「黙ってやればいい」といった感じに言われたことがあって、頭にきた筆者は、徹底的にその社員を追い詰めたことがある(どのような追い詰め方かはご想像にお任せします)。

 筆者が自身を、本部の労働者と考えないのは、お膳立ては本部が用意してくれている。それは、バイトでもできるレベルでだ。
 じゃあ、バイトに基本業務すべてをやってもらい、あとは自分で好きなことをやればいいじゃないか。

 そう考えているからだろう。

 お陰で、このブログも続けてイケてるし、最近では、個人サイトも立ち上げた(コンビニ手稿)。
 確かに、労働時間は長い。休みもない。
 それでも、サラリーマン時代の訳の分からない呪縛からは、完全に開放された。
 労働時間が長いと言っても、最長時間を言えば長いと言うだけで、いつも長いわけではない。24時間働くこともあれば、5時間で終わることもある。(労働時間という概念がないと言った方が早いかも)

 本部の人間からしてみれば「もう少し働けよ」といった感じだろう。だけど、独立したんだから自由にやりたい。その為に、お膳立てができているチェーンビジネスを選択したんだから...

 なので、記事のような「本部の労働者」には、なりたくない。今の自由さが担保されて、労働者という立場になるんだったら都合がいいけどね(笑)

 でも、コンビニの契約内容に関しては一家言を持っているので、コレを機に見直せる環境ができるのはやぶさかではない。

ホームページを開設しました。

スクリーンショット 2014-04-07 3.48.46 AM のコピー.png

まだ、コンテンツの充実はしておりませんが、これから完成に向けて動いていきたいと思います。

コンビニオーナー向けのページとなっております。

本部社員は出入り禁止です。本部社員が来た場合、PCがぶっ壊れるように設定してあります!!

BusinessMedia誠本誌で連載中!!

ご一緒に"おでん"いかがですか」もよろしくね!

Comment(4)

コメント

shi2011

いつもブログを楽しく拝見しています。
私は現在コンビニの直営店でスタッフとして働いており、いずれは本部社員のSVとして働きたいと考えています。
そのためにお店の売上upに貢献したいと考えています。
 質問なのですが現在イートインの設置というのは可能なのでしょうか?
うちのお店では他店よりかなり「コーヒー」に力を入れています。4箇所に目立つようにコーヒーのカップを置いたり、9個のPOPを置き、ポイントカードを導入し、試飲も積極的に行っています。
 しかし、お婆さんにコーヒーを販売した時、「どこで飲むの?」と聞かれて答えに詰まったことがあります。結局、家など座れる場所で飲むしかないと答えたのですが、その時イートインのような座って飲める場所があればもっと売上が上がるのではないかと思いました。
 ちょうどうちのお店は、コーヒーのすぐ近くの雑誌売り場が広くなっており、雑誌を少し前に移動し、テーブルと椅子を置けばイートインを作ることが出来るのではないかと考えました。
 お聞きしたい点は3つあります。
 ①私の立場はあくまでSVではなく、一スタッフです。店長に納得してもらうためにどのような手段が必要なのか
 ②ネットで調べたところ、イートインを新しく既存店に増設するのではなく、イートイン付きの新店を出店する場合がほとんどとの印象がありました。既存店にイートインを増設することは可能なのでしょうか?
 コメントで長くなってしまい申し訳ありません。
 ただ、私は是非ともSVとして働きたいと考えていますので、何卒よろしくお願いします。

shi2011さんコメントありがとうございます。

まず、既存店でのイートインコーナーの設置ですが、可能です。
ただし条件があり、保健所で飲食店営業許可の取得が必要になります。すでにコーヒーを販売しているとのことですから、許可自体はすでに取得済みでしょうが、許可範囲というのがありまして、通常のコンビニ店舗ではカウンター内のみが範囲に指定されているはずですので、それを広げる申請が必要になると思います。
その許可取得のためには、前提としてイートインコーナーがすでに出来上がっていなければならない。
たとえ、ベンチだけの設置でも必要になるはずです。(保健所の判断ですが、ベンチだけでは許可が降りない可能性があります。売り場と完全に隔離する必要はないと思いますが、ちょっとした壁は必要になるというのが今までの経験則です。詳しくは担当保健所に相談してからの方がいいでしょう。)

なので、まず店舗として、イートインコーナー設置の意思決定が先になります。

イートインコーナー設置するためには、店長の意志が必要であることと、本部の意志が必要になります。
直営店ということですので、店長の意志というより、熱意と言った方がいいかもしれません。
店長がこの先、会社でどのように出世していきたいか?その為のサクセスストーリー事例を作りたいか?
オーナー店の場合は、オーナーの意志が反映することとなりますが、直営店の場合、地区事務所が動かないと話になりません。
店長が直属の上司を説得できるかが、最大のポイントとなります。

最大条件は、改装費の回収期間だと思います。
イートインコーナー設置により、売上が上がり、本部収益増加が見込める場合です。それも、5年とか10年とか長期間の回収じゃなく、それこそ1年とか短期間での回収が見込める場合でしょう。
それを納得させるには、現状の販売状況が大きく関わります。例えば、地域で販売数がいつも上位に位置しているとかです。要するに「設置すれば売れる」は、あまり通じないと考えた方がいいでしょう(日本企業の多くは、投資に現実的な根拠を求めてくるところが多いですから…やってみなきゃ分からないのにね)。
あとは、本部がイートインコーナーの拡大を目指しているかがポイントになると思います。本部の施策として、イートインコーナーの導入があれば、比較的簡単にコトは進みます。

では、本題であろう店長の説得ですが、最初に書いた通り、その店長の熱意次第だと思います。
投資回収等の数字的問題よりは、イートインコーナー設置による業務の負担増。例えば、設置によりトラブル増加は?不良のタムロや酒を買って飲み始める人への対処等、もろもろが想定されます。
それらをクリアしても、店長として実績を求めているのか?になりますので、店長が熱意を持って、上司にコーナー設置を進言できるコトがポイントとなるでしょう。

長くなりましたのでまとめておきます。
◯イートインコーナーは既存店でも設置は可能。
ただし、保健所と連動して動かないとイケない。
本部の改装費の問題(場合によっては家主の許可も必要になる場合があります)。
その為に、費用対効果をシミュレーションしなくてはならない。
大前提に、イートインコーナー設置を店長が望んでいるか?
説得材料は物理的問題だけではなく、精神論もクリアする必要がある。

もし、店長がやる気のないヘタレだったら、shi2011さんが直接地区事務所長に掛け合うのも面白いかもしれません。
その為には、店舗に回ってくるSVと親密関係を構築してみてください。SVにもやる気が必要ですが、やる気のあるSVならきっと手伝ってくれるでしょう。

本部SVになりたいとのことですので、色々調べてみるのも良いと思います。
場合によってはその経験が役立つかもしれません。
頑張ってください!!

shi2011

ありがとうございました!!
まずは費用対効果の根拠となるデータを集めてみます。
理想は、イートインを導入したお店でどのくらいコーヒーの売れ行きが設置する前とした後に伸びたかですが、店舗のストコンでは多分厳しいですよね?笑
ですので、コーヒーの売行きの客層を見てゆきたいと思っています。
単純な疑問なんですが、やはりイートインを設置すると不良がタムロする問題は避けては通れないのでしょうか?
そのための対策として、時間制限を設けるべきなのでしょうか?
連続の質問となってしまい申し訳ありませんがよろしくお願いします。

shi2011さんへ
立地にもよると思いますが、タムロは想定しなきゃいけないでしょうね。
だけど、タムロが問題というより店長が後ろ向きの場合、「やらない理由」に色々と事例を上げてくる可能性が想定されます。
その時の説得材料として、問題点ごとの解決策を考えておく必要があると思います。
費用対効果にしても、本部としてイートインコーナー設置が方針として上げられている場合、計算上のシミュレーションとして必要だというだけで、やると決めたら数値はどうでも良かったりします。
企画提案する時は、まず必要性を訴え、数値の見積もり、結果のメリットを合わせて提案する必要がありますので、必要性を感じていない人への提案には、色々な想定問答を考えておくことをオススメします。

頑張ってください!

コメントを投稿する