オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

【ミッション】あの人にオススメしたい、この1冊 ~ 番長と遊ぼう!=『GOOD to GREAT ビジョナリー カンパニー2 飛躍の法則』 なのですが・・・(2/2)

»

昨日に続き、後篇となります。

2009/10/17 【ミッション】あの人にオススメしたい、この1冊 ~ 番長と遊ぼう!=『GOOD to GREAT ビジョナリー カンパニー2 飛躍の法則』 なのですが・・・(1/2)

--

まずは、「誰に」の前に本書についてです。

出版時期は、2001年12月なので、約8年前となり、さほど古いものではありません。

前作の「ビジョナリーカンパニー  時代を超える生存の原則」は、1995年9月ということで、14年前にも遡ります。それも、6年間の調査によるものなので、20年前という時を経ているものです。

また、内容も、GREAT(偉大な)カンパニーにフォーカスした前作と異なり、GOOD(良好な)カンパニーがGREATカンパニーに飛躍した点にフォーカスしています。

但し、GREATカンパニーとして取り上げられた11社の内の1社であるファイー・メイ(Fannie Mae)については、一連のサブプライムローン問題の原因とも言われています。
それでも、1企業について、どうのこうのと言い出すと、「いや違う」「この会社の今はどうなんだ」という本論とは異なる論議になってしまうので、避けて通るべきと、私は考えています。

-

本書は、9章立てですが、わずか331ページ=1章あたり40ページ弱で、ステップを踏んで展開していくので、一気に読みきれなくても大丈夫です。(読みやすいと思います。)

-

第一章 次代を超えた成功の法則 -- 良好は偉大の敵

-

◆規律ある人材

第二章 野心は会社のために -- 第五水準のリーダーシップ

第三章 誰をバスに乗せるか -- 最初に人を選び、その後に目標を選ぶ

-

◆規律ある考え

第四章 最後にはかならず勝つ -- 厳しい現実を直視する

第五章 単純明快な戦略 -- 針鼠の概念

-

◆規律ある行動

第六章 人ではなく、システムを管理する -- 規律の文化

第七章 新技術にふりまわされない -- 促進剤としての技術

-

第八章 劇的な転換はゆっくり進む -- 弾み車と悪循環

第九章 ビジョナリー・カンパニーへの道

--

各章ともに大切なのですが、私が最も心している章「第三章 誰をバスに乗せるか -- 最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」について。

良好な企業を偉大な企業に飛躍させるために、経営者は、

「バスの目的地を決め、目的地までの旅をともにする人々をバスに乗せる」のではなく、

「このバスでどこに行くべきかは分からない。」
「適切な人がバスに乗り、適切な人がそれぞれふさわしい席につき、不適切な人がバスから降りれば、素晴らしい場所に行く方法を決められる」

特に、ベンチャー企業でありがちなことですが、

目的地が気に入った人々は、バスが途中で行き先を変えなければいけないとき、問題が起きる。(行き先が違う!と。)

しかし、同乗者が素晴らしい人で、気に入ってバスに乗った人たちは、行き先が変わっても大丈夫。

素晴らしい適切な人々のモチベーションを引き出す努力や厳しい管理をする必要が無くなる。(正しき道を選ぶから。)

--

ファニーメイでさえも、GREATから失墜してしまったわけなので、超巨大企業の経営者でも、中小企業の経営者でも、参考になる本書ではありますが、強いて言うならば、

  • ベンチャー経営者
  • ベンチャーを支えるスタッフ、メンター、投資家
  • ベンチャー起業を志す人

には、是非とも読んで頂きたいと思います。

もちろん、ビジョナリーカンパニーも併読して欲しいですし、社会組織に関与される場合には、非営利にまで言及しているビジョナリーカンパニー特別編まで読んで頂きたいです。

最後に、前述の前提において、また昨日も少し触れた、「特定の誰」についてですが、以下、列記させて頂きます。(KBMJ木村さんと同様、既に読んでいるとは思いますが。)

--

Comment(6)

コメント

カンパニーではありませんが、ビジョナリー・ブログメディアを率いるばんちょ~も、読んで勉強しまーす。

ばんちょ~様

バス(オルタナブログ)から降ろされないように、頑張ります!:)

ZENTA

再読いたします

Zenta殿

コメントTKSです。

あえて、リストに書きませんでした。

しかし、気付いてくれて、感謝。

あなたのために書いたブログです。

良かった。

tripod

「なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想」http://www.amazon.co.jp/dp/4822246663/ は、ビジョナリーカンパニーシリーズを読んだ人にこそお勧めです。

tripodさま

コメントありがとうございます。

「なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想」は読んでいなかったのですが、Amazonを確認したところ、是非とも読んでおきたい一冊かと思います。

ありがとうございました!

コメントを投稿する