オルタナティブ・ブログ > モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ? >

大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

【音楽の秋】Windowsマシンでハイレゾ音源(384kHz/32bit)を楽しむ方法

»

DAC.jpg

Windowsマシンでハイレゾ音源を楽しむ方法をご紹介します。

DAC
アマゾンで見つけた「TOPPING D10」というDACを使っています。
http://www.tpdz.net/products_list.html
(実勢価格C万前後)

このDACはDSD形式の音源にも対応していますが、
音質が好みではない(音が希薄な感じがする)ので、
384kHz/32bitのWAVファイルを聴いています。

ドライバーのダウンロードページ
http://www.tpdz.net/drivers.html

音源
音楽CDから取り込む場合は、
あらかじめWAVファイル(44.1kHz/16bit)にリッピングし、
音源編集ソフトで384kHz/32bitにアップコンバートします。

TASCAM「Hi-Res Editor」
https://tascam.jp/jp/product/hi-res_editor/top

再生ソフト
定番の「foobar2000」を使います。
以下のページから「ASIO support」をインストールします。
http://www.foobar2000.org/components

インストールしたら、
ASIO経由で「TOPPING D10」から音を出すよう設定します。

ハイレゾの真価は「耳に聴こえないくらいの高い音」が
出ることにあるのではありません。

量子化ノイズが低減されることによって、
なめらかな音になり、静寂(ピアニッシモ)の表現が研ぎ澄まされる、
あるいは、高音の分離が良くなることによって低音も豊かに響く。

そこに意味があるのだと思います。


CD.JPG

Comment(0)