オルタナティブ・ブログ > 岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」 >

クラウド、SaaSを中心に庶民からの思いを無責任につぶやく

クラウド普及に必要なのは、売る仕組み と 買う仕組み。

»

一般的な定義と異なるかも知れませんが、私の中では
    「営業は売る仕組みを作り」、
    「マーケは買う仕組みを作る」、という構図になっています。

SaaSやクラウドの販売においても、営業は売る仕組み作りとして、
  ○資産で持たなくても、良いんですよ。
  ○サーバの購入や運用は不要なんですよ。
  ○いつでも最新のソフトウェア機能が使えるんですよ。
  ○大企業と同じ高度な機能が安く使えるんですよ。
と、メリットを全面に出したプレゼンを作成し顧客にアピールします。

でも、顧客、特に日本のほとんどを占める中小零細企業には、売れません

当たり前です。買う仕組みを作ってないのですから。

○資産で持たなくても、良いんですよ。
  ...でも、今持ってるサーバはどうすれば良いんですか?SaaS使っても新規の分だけが費用扱いになるだけじゃメリット無いよ。一応、会計ソフトも持ってるんだから。
消費税が導入された時に、会計ソフト買ったなあ。

○サーバの購入や運用は不要なんですよ。
  ...でも1台のサーバで沢山のソフト動かしてて、それ専用のサーバがあるわけじゃないから、1つのソフトだけSaaSになってもサーバへらないし。運用だって、もともとパソコンに詳しい社員が兼任で見ているので、人件費も下がらないよ。

○いつでも最新のソフトウェア機能が使えるんですよ。
  ...こりゃ良いかもしんないけど、結局、顧問の税理士や会計士に頼んでるので、最新の機能って言われても良くわからんな。

○大企業と同じ高度な機能が安く使えるんですよ。
  ...高度な機能なんて、いらないよ。税金の申告ができれば良いんだから。

つまり、お客様に買っていただくための仕組み作りが必要 なのです。

私見ですが、経産省の推進した、中小企業向けSaaS活用基盤整備事業、通称J-SaaSが計画通りに顧客獲得ができなかったのも買っていただくための仕組み作りができていなかったからだと感じています。私も1次メンバーとして参加しておりましたので痛感しました。

昨今、クラウド普及に向けた施策が各省庁から出ていますが、

  税金投入して色んなもの作る前に、買う仕組み作ってください。

と、今日もある団体の方から意見を求められて、言い放ってしまいました。大人気無い...
マーケ機能って大事だよ。

Comment(2)

コメント

Daisuke Uki

買う仕組みができていない。。。耳の痛いお話です。
ご指摘の通り、なかなか買う側の悩みを完全に解決できていないために、売る際の苦労が払しょくできていないのが現状に思えます。
残念ながらそれなりの規模感が無いと、売ることも買うこともし難いのでしょう。

本当の普及は低いレイヤのものが浸透してからなのかな?と個人的には思います。
文中にもある通り、1つだけクラウド化しても。。。確かにごもっともな意見です。
やるなら一気にすべてを、、、ということになるのでしょうが、ほんとにそれでいいの?ということを事業者側・売る側も自信を持って言えるのか、というと若干疑問符が付きます。
いろいろな機能、システムがクラウド・クラウドと謳っていますが、本当の意味でもボーダレス化はまだ進んでいませんし、ユーザ側が本当に必要なものを選べるようになるまでには、時間もまだ必要です。

とはいえ、このままぼぉーっとしているわけにもいきませんから、出来ることからコツコツと多くの事例を重ねて(連携事例は大事!)、買う側が安心して買えるような体制にしていくことが大事でしょうね。
売る仕組みはこういう取り組みで少しずつ出来上がって行くもんだと信じてますよ。

宇木さん
コメントありがとうございます。
現状では、大企業じゃないとメリットが出にくいなってのが実感。
色々と理由はあるのですが、日本人の生活習慣が関係しているように感じます。

例えば確定申告一つとっても、欧米では個人が責任をもって行いますが、日本で
は、サラリーマンは殆どやりませんし、自営業の方でも、税理士や会計士に委託
しています。

レストランに行っも、日本人は定食、欧米人はアラカルト、加えてバーベキュー
のように自分の手が加えられるものが大好き。

J-SaaSも海外なら受け入れられたんじゃないかって思います。利用者が判断して
自分で選択できるんだから。

最近、政治にしても経済にしても、日本人気質が悪い方に出ているようなきがし
てなりません。

コメントを投稿する