オルタナティブ・ブログ > 岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」 >

クラウド、SaaSを中心に庶民からの思いを無責任につぶやく

お客様が見えない難しさ。

»

e-ラーニングのコンテンツ作成のためのビデオ撮りを行いました。
たった15分、無言のカメラの前でただひたすら話すだけなのですが、開始早々に自分が

    「極度の緊張状態に陥っている」  ことに気づき始めました。

自分の話す内容が相手に伝わっているのか、相手が共感してくれているのか、関心をもってくれているのか、何を話してもまったく反応の無いカメラを前に、自分の声がうわずり始めたのです。カミカミです。

聴衆のいないカメラの前で、ネタを披露する芸人はすごい。当社の製品は、間接販売が主のためお客様が見えなくなることがありますが、カミカミにならないように、聴衆(顧客)の声を聞く機会を意図的に増やす必要が有ります。

クラウド・SaaSビジネスでは、私達はお客様から見ると、

    「あちら側の人たち」 です。

ビジネスがカミカミにならないように、対話を増やしたいものです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する