オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるソリューション営業のアプローチ方法

»

スクリーンショット 2019-11-13 6.42.52.png

プロダクトやサービスを単体で売り込もうとしても、決定的な違いをお客様に示すことは、簡単なことではありません。「我が社の強みはこの点です」、「ここが競合他社にはまねのできないユニークなところです」と語っても、他社も同様の説明をするでしょう。そうなれば、話を聞く側は、一長一短があると受けとめてしまうでしょう。

この状況の中で、競争優位に立つためには、プロダクトやサービスを単体として売り込むのではなく、お客様の課題を解決する最適な組合せとして提示することです。製品やサービスそれぞれの性能や機能、価格の優位性を伝えることではなく、課題を解決するための最適な製品やサービス、手順や体制を示し、確かにこれであれば自分たちの課題を解決することができると、お客様を納得させられる組合せを示すことです。それができれば、ビジネスのチャンスを引き寄せることができます。このような営業の方法がソリューション営業です。

ソリューション営業を行う上で、大切なことは、解題解決に最適な組合せを組み立てることです。そのためには、次のことができなくてはなりません。

  • お客様の業務を深く考察する
  • お客様の課題についての仮説を立てる。
  • 仮説をたたき台にお客様と対話して何が課題であるかを合意する
  • その課題を解決するためには、どのような製品やサービス、テクノロジーを組み合わせればいいのかをデザインする
  • 誰を、どのようなスキルやノウハウの持ち主をこの課題解決に当たらせるかを考え、その体制を組む

解決策を構成する組合せに「絶対」や「完全」を求めるのは難しいでしょう。それは、製品やサービス、テクノロジーは常に新しいものが登場し、人や組織も流動的だからです。ですから、その時点での最適を目指すことを心がける必要があります。

ソリューション営業にとって、もうひとつ大切なことは、組織のできるだけ上位から意志決定を取り付けることです。

製品やサービスを単体で提供する場合、それがお客様のニーズにマッチするものであれば、意志決定にはさほどの時間がかかりません。そこに関わる人間もそれほど多くはないでしょう。しかし、組合せを組み立てるには時間も人もかかります。当然、案件を受注するまでには相応の時間と工数がかかるわけで、それは当然、原価として重くのしかかってきます。この原価を回収してさらに利益を得るには案件規模を大きくするしかありません。

意志決定者は、上位組織であればあるほど大きな予算権限を持ちます。つまり、行き着くところ経営者にアプローチすることが、大きな組合せ、すなわち大規模なソリューション・ビジネスを成立させることにつながります。従って、彼らと対話でき、ソリューションの価値を訴求できる能力が営業には必要となるのです。

その時に心がけることは、その会社の事業や経営における課題が解決できることを、製品やテクノロジーの言葉ではなく、事業や経営、売上や利益、社会や業界、戦略やビジネス・モデルの言葉で説明できなくてはなりません。

そうやって、大規模かつ長期継続的な案件の契約を取り付けることを目指す必要があるのです。

ソリューション営業はコストがかかります、だから大規模な案件にしなくてはなりません、だから経営者に直接アプローチして案件獲得につなげること。

簡単にまとめれば、そういう言葉になるでしょう。ソリューション営業には、このようなプロセスをこなせる能力が求められるのです。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【11月度のコンテンツを更新しました】
・SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」を公開しました。
・最新・ITソリューション塾・第32期の講義資料と講義の動画(共に一部)を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年11月版・最新の資料を反映しました。
パッケージ編
【新規】SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」
ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
動画セミナー・ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
======
ビジネス戦略編
【新規】DXとは何か? p.3
【新規】OMO Online Merges Offline p.7
【改訂】コレ1枚でわかる最新ITトレンド p.12
【新規】何のためのDXなのか p.20
【新規】Data Virtuous Cycle : DXの基盤 p.24
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのBefore/After p.38
【新規】Before DX / After DX におけるIT投資の考え方 p.40
【新規】何をすればいいのか? p.105
【新規】目利き力 p.165
【新規】DXとは何をすることか p.166
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】CPSのサイクル p.19
【新規】IoTによってもたらされる5つの価値 p.21
サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】「学習と推論の役割分担 p.81
【新規】Whyから始めよ p.118
【新規】人間と機械の役割分担 p.119
クラウド・コンピューティング編
【新規】銀行勘定系 クラウド化拡大 p.30
【改訂】米国政府の動き p.32
【新規】メガクラウド・ベンダーの内製化支援プログラム p.33
【新規】クラウド・ネイティブとは p.130
【新規】システムの役割とこれからのトレンド p.131
開発と運用編
【新規】改善の原則:ECRS p.5
【新規】システム構築事例 :オンライン・サービス事業者 p.7
【改訂】ワークロードとライフ・タイム p.8
【新規】ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違い p.9
テクノロジー・トピックス編
【新規】Apple A13 Bionic p.21
【新規】ARMのAI向けIPコア p.33
【新規】GPUの内部はマッシブ・パラレル型 p.62
下記につきましては、変更はありません。
・ITインフラとプラットフォーム編
・サービス&アプリケーション・基本編
・ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する