オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

外れたかぶせものを、咬み合わせの調整をしてから着けなおした症例

»

「金額が...」

恐る恐る話を切り出す50代男性のSさん。

上の前歯のかぶせものが外れて都心の歯科医院に行ったところ、前歯を抜いて奥歯にインプラントを入れる計画を言い渡されました。その金額にブッ飛んだそうです。

な、なんと一千万円!

いくらなんでも、というわけで前歯を救えないか相談に来られました。

外れたかぶせものを口の中に戻して咬んでもらうと簡単に外れてしまいます。かぶせものと下の歯が不自然な状態でぶつかるからです。

そのまま着けなおしても、すぐに外れてしまうでしょう。
 
このような咬み合わせの不具合には対策が必要です。

今回は咬み合わせの不具合を調整をして、前歯のかぶせものを接着剤で着けなおしました。

強く咬んでも歯ぎしりをしても揺れません。これなら長持ちが期待できます。いっぽう他の歯は健全なので歯を抜くこともインプラントも不要です。

「ふぅー、本当に助かりました」

無事に前歯が回復したSさんはホッとした表情で帰られました。

今回行なった外れたかぶせものを着けなおす治療は保険適用で約2,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

西荻窪 いとう歯科医院 ホームページhttps://www.ireba-ito.com

Comment(0)