オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

入れ歯の安定材を変えて痛みを取り除いた症例

»

「入れ歯をいじられて以来、調子が悪いんです」

上の総入れ歯を外したKさん(70代女性)は悲しそうに見えた。
差し出された入れ歯は保険治療で作製されたオーソドックスなプラスチック製です。
すでに調整をしたらしく、何かが入れ歯に貼られています。

メンテナンスをされているのに、どうして調子が悪いんだろう?

さらによく見ると不調の理由がわかりました。

材質です。

硬化するとプラスチック状に硬くなる「リベース材」が歯グキと接する面に貼られていたのです。

リベース材はアゴと入れ歯が合わず外れやすいときにを使います。

でも当医院では、今回のような初めての患者さんには用いません。

理由はふたつ。

ひとつは痛みが出る可能性が高いこと。

そしてもうひとつは初めての患者さんにはもっと良い材料があるからです。

当医院では、硬化しても柔らかさが残って痛みが出にくいという優れた特性を持った材料(ティッシュコンディショナー)を使っています。

これを入れ歯に貼って10分ほどで調整完了。

「痛みがなくなって、よく合っています。良かった!」

そう笑顔で答えてくださいました。

今回行なったKさんの入れ歯に歯科専用の安定剤を貼る治療は保険適用で約1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。

西荻窪 いとう歯科医院ホームページhttps://www.ireba-ito.com

Comment(0)