オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

前歯3本分が壊れた入れ歯を、1時間で修理した症例

»

「入れ歯を作りなおさないといけないでしょうか?」
 心配そうに入ってきたMさんは上の入れ歯を手に持っていました。見ると前歯が3本分欠けています。
 食事をしていたらバキッ! と音がして入れ歯の壊れた破片が口の中から出てきたそうです。


 多くの歯科医院ではこうしたケースでは入れ歯を新しく作りなおすことが一般的ですが当院ではお勧めしていません。
 なぜなら、たとえば新しい革靴も新調したばかりのときは靴ずれができたりして馴染むまでに時間がかかった経験がありませんか? 実は新しく作りなおした入れ歯も歯ぐきに想像以上に負担をかけてしまいます。


 靴なら脱げばいいのですが入れ歯は食事のたびに使う物。取り外すわけにはいきません。
 そこで当院では修理して使い続けることを重視しています。

 Mさんには1時間ほど待合室で待ってもらって修理しました。口の中に合わせると今までとは見違えるくらい良くなったとのこと。
 ここで治療終了ではありません。入れ歯が壊れるのは上だけが原因ではありません。上と噛みあう下の入れ歯も合っていない部分を調整しました。


 念のため数日後に来ていただきました。修理した入れ歯は、まるで自分の歯みたいとMさんは言います。
「この入れ歯は私の宝物ですから一生付き合いたいと思っておりました。また使えるようになって嬉しいわ」
と喜んでくださいました。

今回行なったMさんの入れ歯を修理する治療は保険適応で1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。

いとう歯科医院ホームページhttp://www.ireba-ito.com

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する