オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

大きすぎる入れ歯を削って入れやすくしました。

»

前歯のかぶせものが取れてみっともないとマスクをつけて来院したのSさん。60代男性の方です。

雑談を交えながら状況を伺っていると前歯だけでなく奥歯もないことに気が付きました。
聞くと奥の入れ歯も作ったけどいまは使っていないとのこと。

前歯3本のかぶせものは簡単に接着できます。問題は奥歯です。
食事は前歯だけで噛んでいる状態なのでこのままでは前歯のかぶせものは再び外れてしまいます。

前歯を保護するためにも奥の入れ歯は必要です。
使っていない入れ歯を見せてもらうと上あご全体を覆っているピンク色の床の部分を含め大き過ぎることがわかりました。
 

そこで半分ほど削ることにしました。
さらに厚みも半分ほど削り、高すぎる人工の歯の部分も半分の高さになるまで削ります。
30分ほどで技工室の中はプラスチックの粉だらけになりました。

  
全く違う形になった入れ歯を装着してもらってしばらく様子を見ていただくことにしました。

1週間後マスクなしで来院されたSさんは「こんなすぐに治るとは思わなかったよ」と明るい笑顔で報告してくださいました。

新しく入れ歯を作りなおすと装着までの日数が多くなります。
Sさんの場合は入れ歯が完成する前に、前歯が外れてしまうことも十分考えられました。
 

合わない。壊れている。古い、といった理由で使っていない入れ歯でも、来院される時は持って来てください。
調整して使えるようになるケースが多いのです。

今回行なったSさんの入れ歯を削って小さくする治療は保険適応で約3,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。

________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院

http://www.ireba-ito.com/

「西荻窪 入れ歯 いとう歯科」で検索してください。

住所:〒167-0054 東京都杉並区松庵3-6-3

電話:03-3333-5389

診療時間

午前8時30分~11時 受付まで

午後2時~5時 受付まで

※予約制ではありません。お越しいただいた順に診療しています。初めての方も予約不要です。

Comment(0)