オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

転んで歯が折れて使えなくなった入れ歯を修理しました。

»

杖も介助もなく、ひとりで歩いて来たYさん(90代女性)はお元気そうですが大きなマスクをしていました。

マスクを取ると、なんと鼻と頬が腫れて大きなアザが出来ていました。

庭で転倒してしまったのです。

病院で診察を受けて骨や脳には異常なしと診断され、ひと安心したのも束の間、長年愛用していた部分入れ歯が外れやすくなってしまいました。

ケガが治るまで入れ歯はあきらめようと考えたけど「90才を過ぎても歩けるほど元気なのに、食事ができなくなったら寝たきりになってしまう。すぐに入れ歯を治してくださいね」と病院の医師に諭されて来院されました。 

 

診察すると、転んだ時に歯が一本折れて、入れ歯を支えるバネが使えなくなっていました。

これなら折れた隙間を埋めれば今の入れ歯でも元通り使えるようになります。

ただ今回のケースではケガの回復にともなって口の中の形が変わることが懸念されました。

こうした変化に適応できるように、柔らかさが持続する材料を用いて入れ歯を修理することにしました。

 

治療は30分ほどで終了。

噛んでも開けても安定しています。

これで安心です。

後はゆるみや痛みなどの症状が出ないか1ヶ月後にチェックしてもらうことにしました。

 

「ケガが治るまで入れ歯はもうダメだと思ったの。だから来るまで散々迷ったけど、すぐになおって良かったわ」とおっしゃってくださいました。

 

今回行なったYさんの入れ歯を修理する治療は保険適応で約1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。 
______________________________________

いとう歯科医院

http://www.ireba-ito.com/

「西荻窪 入れ歯 いとう歯科」で検索してください。

住所:〒167-0054 東京都杉並区松庵3-6-3

電話:03-3333-5389

診療時間

午前8時30分~11時 受付まで

午後2時~5時 受付まで

※予約制ではありません。お越しいただいた順に診療しています。初めての方も予約不要です。

Comment(0)