オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「Lao-Japan GatewayのラオスPaaS市場開拓、サイボウズさんから褒められる」の巻

»

私たち、Lao-Japan Gatewayは、サイボウズのアジアパートナーとしてラオスの代理店を務めさせていただいています。

既報のとおり、ラオスの首都ビエンチャンで、キントーン色(黄色)ベンチを配置してでプロモーションなど行っていたりします。 

参考: キントーンの黄色いベンチを探せ!

3.png

先日、「サイボウズオブザイヤー2019の特別賞」の賞状と記念品をいただきました。


ラオスは人口700万人の発展途上国で、企業や組織のIT化はこれから。

日本のIT企業の海外進出のときに最初の顧客層になる日系企業が少なく、IT系の進出はこれまでほとんどなし。

と、普通だとちょっと後回しかな、というマーケットではありますが、

小さい国で、ITがまだまだこれからなら、逆に、波に乗ってリーダーになれる可能性がある!

日系企業が少ないなら、最初から現地系をターゲットにしよう!

という発想で進めています。

そしてそれは、正解だったという手応えがあります。


サイボウズさんは、柔軟で、革新的な会社というイメージが強く、実際そうではあるのですが、大本のところではとても堅実で、確たる信念を共有している、尊敬できるすごい会社だと感じています。

そんな組織から強力なバックアップをいただき、また、今回こうしたかたちで表彰いただけたのは、身に余る光栄です。ありがとうございます。


最近、ラオスでもクラウド、QRペイメント、ブロックチェーン、IoT、などのトピックが増えてきました。

レガシーの負債が無く、サイロ化した面倒な既存システムも少ない、そんなマーケットで、一気にいろんなことが起こる、起こせる、可能性があるでしょう。


日本のIT企業のみなさんには、ラオス、まあラオスに限らなくても新興国のマーケットにもっと関心を持ってもらえればと思います。


1 (12).png


2 (4).png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する