オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

グローバル企業内で出会う個性的な英語達

»

グローバル企業に勤めている以上、米国本社とは常に連携して動く必要があります。
Asia Pacificの一員として、中国、シンガポール、インド、オーストラリアとも密に連絡を取らなくてはなりませんし、時にはイギリス、フランスとやり取りする事もあります。

自分の事は棚に置いて言わせて貰いますけれど、

皆様、色んな英語をしゃべる・・・

初めてシングリッシュ(シンガポール英語)を聞いた時は
「ミホサーン、 ○△×▲~ ××▲▲○◎ オケラー? 」
全く聞き取れない上、「オケラーってなんだ?」と困惑。

聞き返してみると、
「Miho-san, I will book the air ticket for Mark. OK Lah? 」
「マークの航空券はこちらで予約するから、大丈夫」と言っていたようだ。
こんな単純な一文でさえ判らなかったので、彼女から電話がかかってくるとびくびくしながら電話に出たものでした。
あれから3年、彼女から「How are you?」と電話がかかってくると
「グー、 グー、 グー!」とシンガポリアン風に返せるまでになってきた。
シンガポール特有の語尾のlah、反復、中国語のような発音に少しは慣れてきたようです。

今、私が最も難しいと思うのはインドとのコミュニケーション。
電話で色々指示を出すインドのIT ヘルプデスク vs 「もう一回言って」を繰り返す私。
根負けした向こうがVNCで私のパソコンのmemo padを開く。
チャットしてみると、「なんだそんな事か!」という単純な指示だったりする。
インドとも電話で会話ができる。そんな日もいつかくるのかしら?

Comment(4)

コメント

懐かしい言葉が・・・。(^^;
シンガポールでインド人に、よく懐かれました。
「は~っろろ~、まいふれれんど!ゆぅどんぅおぉり~、えぶりりぃてぃんく、あいどぅるふぉるゆ~!」
LもRも、全てRに。あるいは、RRに聞こえたり。。。
Singlishは、未だに使っているので人のことは言えませぬ。(汗
ちなみに、「ら」は「了」ですね。でも、マレー人も使っていたりしますが。。。

私はシンガポールで現地人化する技を持っています。ふふふ。でも、ほぼ中国人になってしまうので、ほとんどの場合中国語(福建語?)で話してきます。こちらが英語で返しても、ずっと中国語で話されます(中国語は分かりません)。たぶん、話がかみ合っているのでしょうね、おそろしい。インドの人たちの英語もなんとかなりますが、私が一番分からないのはオーストラリア人の話す英語(英語じゃないという話もあったりして)です。使う単語や表現が全然違うので、アメリカ人ですら、聞き直すほどです(笑)。

シングリッシュとオーストラリアの英語、私も苦労しました・・・オーストラリアは使っている語彙もかなり違っていました。外資の場合AsiaのHQをシンガポールあたりに置くケースがあり、そうするとシングリッシュ漬けになりますよね。

ちょうど、先日発売された最新の月刊アスキーに、オーケーラの話とオーストラリア英語の苦労話を書いていたこともあり、このネタ、つい反応しました(笑)。

最近はカリフォルニアのクライアントが多く、たいしてできない英語なのに、リハビリが大変です・・・

>大木さん
今度ぜひシングリッシュ講座を開いてください!
インドの巻き巻きRには、いつもやられています。
最近インドからSEが良く来るのですが、フィーリングで会話を理解するようにしています。

>とおるさん
同じ日本人でも、中国人に間違われる人と韓国人に間違われる人がいますよね。どこで区別しているのでしょう?
私のオーストラリアのカウンターパートは訛がきつくないので、助かっています。

>きょこさん
なんて、タイムリー。アスキー読みます!
私の英語は何故か、ブリティッシュ・アクセントだそうです。もちろん、たいしてできないんですけど・・・。

コメントを投稿する